サイト職人CMS HOME > サイト職人CMSとは > ホームページの更新でお困りの方へ

ホームページの更新でお困りの方へ

 

ホームページの更新でお困りの方へ

ホームページの更新でお困りの方へ

中小企業が抱えるホームページ更新の3大障害を解決する方法

 

成果を挙げるホームページの絶対条件とは

当社では年間多くの数のホームページを見ています。その中で、「これは成果が期待できそうだ」とワクワクさせられるホームページもあれば、「これでは上手くいきそうもないな」と首をひねってしまうホームページもあります。

 

では、成果が期待できるホームページとそうでないホームページを見抜くポイントはどこにあるでしょうか?美しいデザイン?巧みな文章?確かに重要でしょう。しかし最も大切なことは他にあります。

 

その答えは、「継続して更新されているかどうか」です。

成果が出るホームページ

  • 新製品や新サービスの情報が豊富
  • お知らせの日時が新しい
  • 季節などシーズンと連動したコンテンツがある
  • 全体的に活気がある、イキイキとした印象

成果が出ないホームページ

  • 掲載情報が一向に変わらない
  • お知らせの日時が古い、またはお知らせがない
  • いかにも作りっぱなしなコンテンツ
  • 全体的に活気のない、さびしい印象

ホームページは魔法のツールではありません。作ればOKという考え方では、この先ホームページを使って集客することは難しいと考えるべきでしょう。

 

当社のお客様からも、

 

「定期的に更新することによってお問い合わせ数が増えた」

「ページを少しずつ増やすことで検索順位が上がった」

 

という声が多く聞かれます。つまり、ホームページの更新は成果を挙げるための絶対条件といえます。

 

ホームページで成果を挙げるためには、「継続して更新できる仕組み」が必要不可欠です

ホームページで成果を挙げるためには、「継続して更新できる仕組み」が必要不可欠です

ホームページの更新が必要な3つの理由

それではなぜ、ホームページに更新が必要なのでしょうか。ここでは大きく3つの理由に分けて見ていきましょう。

 

1.SEO対策として有効

Googleなどの検索エンジンからの流入は、今も大きな割合を占めています。Googleは独自のアルゴリズムを使い、各キーワードによってホームページを表示する順番を決定しています。その傾向を読み、なるべく上位に自分のホームページを表示させるような工夫をSEO対策と呼んでいます。

 

ホームページを継続して更新することは、SEO対策としても非常に有効です。それはGoogleがホームページの「質」と「量」、その2つを順位付けの指標として利用しているからです。

 

例えば公開当初、競合他社に負けないだけのページを用意していたとしても、その後競合他社が地道にコンテンツを増やし続けていけば、順位評価はたちまち逆転してしまいます。

 

検索結果の順位は、競合他社との相対的な評価で決まります。競合他社に負けないためには、ホームページを定期的に追加更新してSEO対策を行っていく必要があります。

 

特に最近、更新頻度の少ないホームページの順位が下がりやすい傾向にあります。新鮮な情報をGoogleが高く評価するようになったためです。そのため、新しいページを追加するだけでなく、情報のアップデートや追記も有効とされています。

 

SEO対策として有効

2.活気を演出できる

いつ見ても変わり映えがなく、古い日付の情報が残ったままのホームページと、定期的にお知らせや新しいサービスの情報について更新されているホームページでは、どちらがユーザーに良い印象をあたえるでしょうか。その答えは明白です。

 

継続的にホームページの更新を行うことで、活気があり、繁盛している印象をユーザーに与えることができます。ユーザーは「活気」や「印象」といったナイーブなところも見ながら、商品やサービスの良し悪しを判断しています。ユーザーの心証は、決してあなどれない重要な要素です。

 

活気を演出できる

3.PDCAサイクルを回すために必要

お問い合わせを目的としたホームページであれば、多くのお問い合わせを獲得できるよう、ホームページを継続して改善していく必要があります。具体的には、各ページヘのアクセス数や滞在時間といったあらゆるデータを分析し、それを元にして改善策を見つけていく作業になります。

 

ホームページの計画を立て(Plan)、制作し(Do)、その効果や反響を確かめたうえで(Check)、更なる改善に繋げる(Action)。事業の基本的な管理モデルであるPDCAサイクルを円滑に回すためにも、ホームページの更新が必要です。

 

もしもホームページが更新できなければ、どんな改善策をひらめいても意味がありません。後からページを追加したり、今あるページを修正したりできるからこそ、PDCAサイクルに基づいた管理が実行できます。そしてそれこそが、紙媒体などと比べた時のホームページの強みでもあります。

PDCAサイクルを回すために必要

 

 

なぜ、更新されないホームページが生まれてしまうのか

しかし、多くの人は、ホームページを更新していくことが良いことだと知っています。

実際に問題になるのは、ホームページを更新すべきかどうかではありません。

問題なのはむしろ、更新すべきだと分かっているのに、更新できなくなってしまうことです。

なぜ、更新されないホームページが生まれてしまうのか

なぜ、更新されないホームページが生まれてしまうのか

このようなお悩みを抱えている方は少なくありません。

 

ではなぜ、そのような状態になってしまうのでしょうか。その理由を、ホームページの更新にまつわる3つのネガティブ・パターンに分けて見ていきましょう。

 

 

1.時間がない

多くの人にとって、ホームページの更新は慣れない作業です。

ホームページビルダーなどのソフトを通して、自分で更新を試みると、なぜか上手くいかなかったりします。修正を繰り返していくうちに、当初のデザインが大幅に崩れ、見栄えも悪くなってしまいます。

そこで制作会社に依頼します。しかし、良い制作会社に巡りあえていればともかく、そうでない場合は大変です。何度指示を出してもトンチンカンな内容が返ってきたり、もっとひどい場合では依頼時の電話対応ですらままない会社もあります。

たとえ良い制作会社に依頼できたとしても、修正箇所をFAXして、画像を送って、確認して、気付けば結局、多くの時間を取られてしまいます。 そして中小企業の担当者は嘆くのです。

「ただでさえ忙しいのに、ホームページを更新する時間なんてない!」

時間がない

 

2.お金がない

更新にはお金がかかります。制作会社に依頼する場合はいうまでもなく、その修正に応じた費用や、あるいは月額の保守費用がかかります。

制作会社に依頼するとしたら、「たかだがこれだけの修正なのに」と、割高感を感じることもあるかも知れません。

かといって自分で更新するとしても、ホームページビルダーなどのソフト代や、分からなくなった時の参考書などを集めていけば、自然と費用が発生してしまいます。

そしてまた、中小企業の担当者は嘆くのです。

「制作費用のうえに更新費用がかかるなんて、そんな予算残ってない!」

お金がない

 

3.スキルがない

極めつけは、ホームページの更新作業そのものの難しさでしょう。

ホームページの更新は単純にHTMLを書き換えるだけではありません。更新したファイルを上書きし、サーバーにアップロードする必要があります。

サーバーを使うためには、サーバー会社と契約しなければなりませんし、○○○.jpなどの独自ドメインを使用する場合は、ドメイン管理会社を通して取得しなければなりません。当然、年間契約であれば都度更新を行う必要があり、ホームページの規模や仕様によって適切なプランに更新することも求められます。ひとえに「ホームページの更新」といっても、適切な運営を行うためにはあらゆる面をケアすることが必要になります。それらもホームページの更新を億劫にさせる要因の一つです。

そしてまたまた、中小企業の担当者は嘆くのです。

「専門職でもないのに、あれやこれやと管理するスキルなんてない!」

スキルがない

 

 

以上のようなネガティブな要素が積み重なると、自然にホームページの更新が止まってしまいます。 その結果、全く成果の挙がらないホームページが誕生してしまうのです。

 

 

「サイト職人」は、そんな障害を解決するツール

多くの方がホームページを使って成果を挙げたいと願う一方、「更新」という大きなハードルによって挫折してしまう。
手間や費用をかけず、Webの専門知識のない人でも簡単に更新できる仕組みがあれば・・・
そんな思いから、「サイト職人」は生まれました。

 

サイト職人障害解決ツール

時間がない

お金がない


スキルがない

サイト職人なら、時間がなくても更新OK!

サイト職人なら、時間がなくても更新OK!

サイト職人は専門担当者ではない方を想定して作られています。そのため、時間がなくても簡単に更新作業が出来る機能を揃えています。

例えば新しいページを作る時、通常であればゼロから作業しなければなりません。しかしサイト職人の強力なテンプレート機能(ひな形機能)を使うことで、すでに登録れている型を複製して作成することが出来るため、文章や画像の入替えだけで簡単にページを作ることができます。

 

サイト職人なら、予算がなくても更新OK!

サイト職人なら、予算がなくても更新OK!

サイト職人は月額固定¥4,200(税抜)のリーズナブルな価格でご提供しています。

月額固定だから、更新量によって金額が左右されることはありません。制作会社に頼んだら通常数万円はかかってしまう更新費用も、サイト職人を使えば低く抑えることができます。

「たったこれだけの更新なのに」と割高感に悩む必要はもうありません。

 

サイト職人なら、スキルがなくても更新OK!

サイト職人なら、スキルがなくても更新OK!

サイト職人はWebに関する知識がない方でもカンタンに更新することができます。

例えば文字の色を変える作業なら、Wordと同じように文字を選択したのち、カラーパレットから好みの色を選ぶだけ。プログラムを打ち込む必要は一切ないので、安心してご利用頂くことができます。

 

そんなことをいっても、実際やってみると難しいんでしょ?
そんなことをいっても、実際やってみると難しいんでしょ?
東京近郊のお客様はこちら 出張デモ 無料サイト職人の使いやすさを体験していただくためにお客様の元に伺います。その他ホームページについてのご相談も承ります! 出張デモお申込みはこちら

そうお思いの方もいらっしゃるかも知れません。でも、ご安心下さい。

まず、サイト職人がいかに簡単なツールかを知っていただくため、無料試用(デモ)のご提供を行っております。無料試用期間中は実際の管理画面を使って編集を体験することができます。もちろん、期間終了後に契約を申し込まなければならないということは一切ありませんので、ご興味のある方は安心してお申込み下さい。

ホームページ作成後のサポート

また、ホームページ作成後のサポートも充実しています。

 

サイト職人を使ってホームページを作成していただいた場合、弊社担当者がお客様の元にお伺いして、操作方法のレクチャーを行います。「こういう更新がしたい」とご希望を言っていただければ、実際のその作業に沿って修正方法をお伝えすることも可能です。

マニュアルについても豊富にご用意しています。加えて、フリーダイヤルのサポートサービスがございますので、マニュアルを読んでも分からない操作についてはお電話にて弊社スタッフに問い合わせることができます。

お客様の声

既に多くのお客様がサイト職人にご利用いただき、実際にホームページで成果を挙げていらっしゃいます。

ここでは、そんなお客様より寄せられた体験談をご紹介致します。

 

恵比寿療法院やすらぎ様

恵比寿療法院画像 管理画面を開く/更新の2ステップで更新が完了します。

導入以前は、【ホームページ作成ソフトの立ち上げ → 更新 → FTP接続 → 更新完了】という流れで更新していました。 『サイト職人』では、【管理画面を開く → 更新】の2ステップで更新が完了します。 朝10時から夜9時までお客様への施術、帰宅は10時、11時という毎日です。日中の空き時間は施術の合間のせいぜい30分。『サイト職人』ならその30分で確実に更新できます。帰宅後の作業でも30分なら苦になりません。 回復体験談の追加など新規書き込み以外にも、言い回しや順番の入れ替えなど、更新したいところが出てきます。『サイト職人』なら思ったときに無理なく更新できるので助かっています。

ユメックス株式会社様

ユメックス画像 普段使ってるWindowsと変わらない!

掲載記事を追加したり更新したりするたびに費用が発生するようですと、ホームページの鮮度を保てなくなります。また、社内で更新できるシステムになっていたとしても、操作方法を教えるのに何時間もかかるようですと、限られた社員しか更新できなくなります。ホームページの更新には多くの社員を巻き込んでいきたいと考えていたので、操作方法の習得が簡単であることも重視しました。

これまで000社以上の企業が、
サイト職人を使った「更新できるホームページ」を実現させています。ぜひ下記よりお問い合わせ下さい。

これまで000社以上の企業が、
サイト職人を使った「更新できるホームページ」を実現させています。ぜひ下記よりお問い合わせ下さい。

サイト職人に関するご相談・お問い合わせはこちらから ウェブラボ(株) サイト職人事業部 / 受付時間  平日 10:00 〜18:00 0120-948-760 0120-948-760 インターネットで24時間受付中
東京近郊のお客様はこちら無料出張デモサイト職人の使いやすさを体験していただくためにお客様の元に伺います。その他ホームページについてのご相談も承ります!

出張デモお申込み

社内ご検討用に 資料請求 見積依頼
遠方で出張デモが難しい方へ 14日間 無料試用
 出張デモお申込み
社内ご検討用に 資料請求/見積依頼
遠方で出張デモが難しい方へ 14日間 無料試用