サイト職人CMS HOME > 用語集 > 用語集(く)

用語集(く)

クラウド

クラウドとは「cloud」「crowd」と表記され、「cloud」は雲、「crowd」は群衆や集合知を意味します。ネットワーク上の「cloud」は雲のように実体の無いもやもやとした塊を表し、IT業界ではシステム構成図でネットワークの向こう側を雲(cloud)のマークで表す慣習があることからこのように呼ばれるようになりました。主に「クラウドコンピューティング」の呼び方として用いられ、ソフトウェアやハードウェアを利用者に提供するデータセンターや、その中で運用されているサーバ群などがクラウドと呼ばれます。「クラウド」の定義は現在、企業や個人によって様々に解釈されており、人々を混乱させやすいという問題点があります。

このページの先頭へ戻る

クリエイティブコモンズ

クリエイティブコモンズは創造的な作品に柔軟な著作権を定義するライセンスシステムを提供するNPO法人です。著作権での保護のうち、著者自らがその権利の一部を解放する意志を明示することで、作品の様々な広がり・利用・他の創作者との共同作業を促進しようとする取り組みを意味します。著作物の創造や流通、検索の利便性を図る目的で2001年、米国スタンフォード ロースクールのローレンス レッシグ(Lawrence Lessig)教授を中心とした様々な分野の専門家たちによって設立されました。日本においても2003年にクリエイティブ コモンズ ジャパンが設立されています。クリエイティブコモンズでは、次の4項目についてそれぞれ採否を選択しています。

  1. 帰属表示(Attribution)
  2. 非商用利用(Non-commercial)
  3. 改変の禁止(No Derivative Works)
  4. 共有条件の継承(Share Alike)

このページの先頭へ戻る

クリック&モルタル

クリック&モルタルとは、インターネット上の仮想店舗と実店舗を組み合わせるネットビジネスの手法を意味します。仮想店舗と実店舗の物流システムを組み合わせることによって相乗効果を図る目的で利用されます。たとえばインターネット上で商品の注文を受け、受け渡しや現金の支払いを実店舗で行う方法や、実店舗の在庫検索をインターネット上で行える仕組みなどが挙げられます。クリック&モルタルを取り入れることにより、新規顧客層の拡大効果や、実店舗のブランド認知度向上などの成果を見込めます。日本ではコンビニエンスストアがクリック&モルタルに参入しやすいと見られており、すでに様々なサービスが展開されています。

このページの先頭へ戻る

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションとは、Webページ内の全てのページに共通して表示されるリンクメニューのことを言います。グローバルナビゲーションからメニューボタンをクリックすると、各ページへ移動することができます。サイトの全体像を表示させるため、グローバルナビゲーションの作り方でWebサイトのユーザビリティは大きく左右されるといっても過言ではありません。企業サイトにおけるグローバルナビゲーションは「トップページ」「サービス」「会社情報」「お問い合わせ」などが一般的です。ECサイトでのグローバルナビゲーションは「トップページ」「商品一覧」「ご注文方法」「お支払い方法」「商品発送方法」「サイトマップ」「よくあるご質問」が必須項目となっています。なお、グローバルナビゲーションに対して同一階層内のコンテンツ情報を示すローカルナビゲーションと呼ばれます。

このページの先頭へ戻る

クローラー

クローラーとは、検索エンジンを巡回し、Web上の文書や画像などを定期的に取得し、自動的にデータベース化するプログラムを指します。Webサイトを這う(クロールする)ことからこのような名称がつけられました。検索ロボットとも呼ばれます。Googleなどの全文型検索エンジンでは、アップロードされたWebページの情報を検索エンジン側のデータベースに保存しておき、検索された際にそのデータベースを検索して結果を提供しています。またデータベースに収録されていないWebページや新たに更新されたWebページを発見し、結果をデータベースに反映させています。クローラがアクセスできるファイルや情報はすべてデータベース化され、誰でも検索できるようになるため、機密情報をネットワーク上にアップロードするにはアクセス権を設定するなどの注意が必要です。

このページの先頭へ戻る

クロス集計

クロス集計とは、アンケートの際に使われる用語です。与えられたデータのうち、2、3の質問項目に着目してデータの分析や集計を行うことを意味し、アンケート調査の集計では最も一般的に用いられている手法になります。たとえば「男性」「20代」「独身」というデータを掛け合わせて集計し、他の項目と照らし合わせることで、このターゲット層ならではのニーズや行動特性を分析することができます。項目の掛け合わせ方によって、質問間クロス、全クロス、三重クロス(多重クロス)などと分類されます。

このページの先頭へ戻る

クロスセル

クロスセルは既存顧客に商品を購入してもらう際、その商品と関連する別の商品やサービスも同時に購入してもらう販売促進方法を意味します。クロスセルはCRMの基本的な考え方であり、「より上位の商品を購入してもらう」アップセルと共に使われる用語です。たとえばハンバーガーを注文する顧客にドリンクなどのセット販売を勧める行為などがクロスセルの一例です。クロスセルでの成功例としてAmazonのサービスが挙げられます。Amazonでは顧客が商品の購入を決定した際、関連する商品を自動表示させる仕組みを取り入れることで、顧客単価の向上につなげています。

このページの先頭へ戻る

クロスメディアマーケティング

クロスメディアマーケティングとは1つのメディアに捉われず、テレビCMや雑誌、新聞、Webサイトなど、様々なメディアを複合的に利用することで、高い相乗効果を狙うマーケティングを意味します。メディアミックスとクロスメディアというキーワードがしばし混合されますが、メディアミックスがより多くの顧客へ届くよう各メディアを組み合わせる「足し算」の考え方に対し、クロスメディアは複合的に広告を組み合わせることで相乗効果を得る「掛け算」の考え方になります。クロスメディアの初歩的な手法としては、店頭掲載の広告にURLやQRコードなどを記載し、Webサイトへのトップページを知らせたり、またはテレビCMからWebサイトへ誘導したりといった方法があります。

このページの先頭へ戻る

 出張デモお申込み
社内ご検討用に 資料請求/見積依頼
遠方で出張デモが難しい方へ 14日間 無料試用

アフターサービス

よくあるご質問