サイト職人CMS HOME > 用語集 > 用語集(ら)

用語集(ら)

ランチェスターの法則

ランチェスターの法則とはイギリス人のフレデリック・ウィリアム・ランチェスターが1916年に発表した軍事戦略理論です。ひと言でいうと「武器の性能が同じであれば、必ず兵力数の多い方が勝つ」という原則であり、日本ではその理論が中小企業の経営戦略に活かされるようになりました。ランチェスターの経営には「一騎打ちの法則」とも呼ばれる第一法則と「集中効果の法則」と呼ばれる第二法則があり、前者からは弱者の戦略、後者からは強者の戦略を導き出すことができます。
弱者の戦略とは、強者が目を向けないニッチ市場や細分化した市場において独自のブランドを築く戦略です。 一方、強者の戦略とは弱者の差別化を即座に踏襲する戦略で大きな経営資源を投入し、市場を支配してしまう戦略を指します。中小企業が大手企業と同じ市場でシェア競争を行う際、ランチェスターの法則に基づいた戦略が用いられる傾向にあります。

このページの先頭へ戻る

 出張デモお申込み
社内ご検討用に 資料請求/見積依頼
遠方で出張デモが難しい方へ 14日間 無料試用

アフターサービス

よくあるご質問