MENU

無料相談

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. 作成者:hisanaga

サイト職人スタッフブログ

  • その後AMPはどうなった? ~最近のAMPの動き~

    AMP

    2年ほど前に当ブログでもAMPについて取り上げたことがあります。 https://www.site-shokunin.com/blog/other/2212.html   当時は、技術的に容易ではなかったことやSEO的にあまり効果が期待できなかったので、特に急いで対応する必要はないとお話しました。そのため、AMPに対して、なにも対応しなかったという企業も多いでしょう。その後、AMPの動き…詳しく見る

  • モバイル ファースト インデックスがはじまった!

    モバイルファーストインデックス

    Googleは、2015年にモバイルからのアクセスがパソコンからのアクセスを上回ったと発表後、2016年10月に具体的な計画を発表しました。そして、モバイル ファースト インデックス(以降、MFI)が2018年の3月にようやくスタートしました。 しかし、そのような事実に対して具体的にはどのような対策が必要なのでしょうか?今回は、MFIに対する対策の仕方について解説します。 MFIとは? 今までユー…詳しく見る

  • データで見る常時SSL化の実情

    ssl

    常時SSL化の動きが顕著化されてからしばらくたちますが、みなさんのホームページではいかがでしょうか? コンテンツを表示しているだけだから、SSL化しなくても良いとお考えではないでしょうか。 現在、ホームページに常時SSL化を導入していない状況なら要注意です。今回は、常時SSL化の導入状況をデータで確認し、その実情についてご紹介します。   常時SSL化対応サイトの数 近年Googleは、…詳しく見る

  • 心理作戦でコンバージョンをアップしよう

    コンバージョンとひと言で言っても、そのホームページによって結果が異なります。自社で販売したい商品やサービスがある場合、まずはアクションを起こしてもらうためにボタンをクリックしてもらわなければ、なにも始まりません。今回は、CTAのボタンの改善について具体的にお話します。   CTAボタンとは CTAとは、Call To Action(コール トゥ アクション)の略で、日本語では「行動喚起」…詳しく見る

  • 今さらだけどなるはやでSEOについて知りたい(後編)

    db17d52ace682ee95f265e97fec4360a_s

    前回の『今さらだけどなるはやでSEOについて知りたい(前編)』で基本的なSEOの知識は、深まったでしょうか?今回は、その後編をご紹介します。   SEOの外部対策 SEO内部対策が完了したら、次は外部対策に取り組みましょう。外部対策とは、自社のホームページの被リンク、外部から自社ホームページへのリンクを集めることをいいます。SEOの外部対策において大切なのは、被リンクの質と数です。 被リ…詳しく見る

  • 今さらだけどなるはやでSEOについて知りたい(前編)

    今では、当たり前のように使われるSEOという言葉ですが、具体的にどんなものかご存知ですか?「難しいことは分からないけど、とりあえず何かやらなくては!」と思っていても、なかなかその一歩を踏み出すのは、困難なのではないかと思います。今回は、自社のホームページにSEO対策を施し、検索エンジンで上位を獲得したいウェブマーケティング初心者の方に、“SEOのキホン”をご紹介します。   今さらだけど…詳しく見る

  • うちの会社は実在します! ~ 信頼性を「見える化」できるEV SSL ~

    先日、架空の大学と飲食店とのトラブルがネット上で話題になったことをご存知でしょうか? 「大学職員のモラルが低すぎる」「飲食店が気の毒」など非常に多くの意見がネット上で交わされましたが、最終的には架空のアカウントと偽ホームページや偽情報よって、周囲がまどわされただけという結論に落ち着きました。 この架空のアカウントや偽ホームページについては賛否両論いろいろな意見が交わされていますが、ここで取り上げた…詳しく見る

  • 【離脱率を下げる!】テキストをレイアウトしてみよう

    自社のコンテンツページを制作する場合、掲載する情報を精査することばかりに気を取られていないでしょうか?検索ユーザーを意識して、掲載情報の真偽を確かめ、正しい情報をわかりやすく伝えることは非常に大切ですが、その際、レイアウトまで意識できているでしょうか? コンテンツページ全体のレイアウトを意識して制作しなければ、どれだけたくさんの文章を掲載しても読みづらいコンテンツとなってしまいます。今回は、ページ…詳しく見る

123

PAGETOP