MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. サイトのhttps化(常時SSL化)の必要性

サイト職人スタッフブログ

サイトのhttps化(常時SSL化)の必要性

サイトのhttps化(常時SSL化)の必要性企業でホームベージ制作に関わるものであれば、常時SSL化の話を何度も聞いたことがあるかもしれません。もしかしたら、上司に対策すべきだといわれて、改善中の方もいるでしょう。しかしながら、まだまだインターネットについて知らない方が多いと思いますのでサイトのhttps化(常時SSL化)の必要性について解説していきたいと思います。

常時SSLとは?

まずは、SSLとは何か基本的なところから解説していきます。SSLとは、暗号化通信のことで、一般的なものと情報通信の仕方が異なります。言葉の通り暗号化通信であるため、人から知られたくないような情報を送信する際に、利用される技術です。例えばクレジットカードの入力情報など他人に知られては困ります。そのような情報を暗号化通信で送信することでセキュリティ機能を向上させることができます。

常時SSLは、銀行やECサイトで利用される

銀行やECサイトをイメージすれば、常時SSLにしておく必要性が十分に理解できると思います。しかしながら、この施策を一般のサイトにすべて導入しなければいけないという動きが出てきています。GoogleChromeでは、常時SSLが導入されているサイトには、安全なサイトである証明がアドレスのところに出てきます。決済の必要性のないWebサイトは、セキュリティが低いところも多いためウイルスに感染しやすく問題の原因になることがあります。このような問題がある以上、Googleも放置するわけにいきません。だからこそ、常時SSLを推奨しているのです。

常時SSLがなぜ必要なのか

これからホームページを公開する場合は、常時SSLを必ず導入しておくことをお勧めします。Googleの検索エンジンでは、常時SSLが導入されているサイトを上位表示するルールが決定されています。どれだけ素晴らしいコンテンツを作成しても、常時SSLが導入されていないという理由から検索上位に行けないというのは、非常に大きな問題といえるでしょう。今後、Google Chromeでは、HTTP接続時に「安全ではない」と表示することを考えているようなので、導入が必須と言っても過言ではないでしょう。自社の商品やサービスの販売ページに安全ではないと表示されるのですから、このような問題は事前に解決しておくべきです。

常時SSLのメリットはなにか

ホームページのセキュリティ上、常時SSLが大切な役割を発揮していることをご理解いただけたと思います。それでは、どんなメリットがあるのでしょうか。

情報の盗聴やなりすましを防ぐ

常時SSLを利用している最大の理由は、本来情報を入手すべきではない人に情報を与えないようにするためです。現代は、パソコンやスマートフォン、タブレット端末など、様々なデバイスを利用してクレジットカードなどの情報入力し、決済するようになりました。クレジットカードを利用すれば手軽に決済できるため非常に利便性が高いですが、このようなところこそ個人情報の流出につながりやすいといえます。常時SSL化しておくことで、クレジットカードで決済を行ったとしても、情報を知られたりすることがなくなりますので、問題を最小限に抑えられるということです。

サイト構造が整理できる

HTTPとHTTPSの両方が存在しているサイトであれば、セッションを知ろうとするときに、非常に複雑だと感じるでしょう。特にGoogleアナリティクスなどを利用して、アクセスの動きを分析している人であれば、正確なアクセスというものを知ることができないため、常時SSL化した方がセッションの動きを理解しやすいです。

SSLに対応するにはどうすればよいか

SSLに変更するのは、非常に大変だと思っている方も多いです。しかし、SSLの証明書を発行するサービスを利用すれば、SSLを実装することができます。しかしながら、ホームページ運営初心者の方だと、実装することが難しいため、社内にいるシステムエンジニアなどに、作業を頼んでいただきたいと思います。

Symantec

こちらのサービスを利用すれば、インターネット上で発生している問題に対して、高いセキュリティ機能が守ってくれます。24時間体制でアプリケーションを保護するため、発行元に関係なく、企業内の全ての証明書を24時間体制で管理できるようにしています。

EV SSL証明書:162000円
セキュア・サーバID:39600円
グローバル・サーバID:68400円

レンタルサーバのオプションサービスを利用する

個人で小規模のサイトを運営する場合、エックスサーバーやさくらサーバーを利用していることが多いのではないでしょうか。サービス内容を確認していただくと、SSL化サービスがありますので、1時間程度で変更できるため利用してみてください。

まとめ

常時SSL化は、ホームページ運営上、もはや必須と言っても過言ではないでしょう。常時SSL化をすることで、運営費用がかさみますが保護された通信という表示が出る以上、実装しておいて損はないでしょう。逆に実装しておらず、知らない間に企業イメージが下がるような表示が行われることになればお客さんを失うことになってしまいます。そうなる前に対策を行っておきましょう。

PAGETOP