MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. ヒートマップでページ上のユーザーの行動を追う

サイト職人スタッフブログ

ヒートマップでページ上のユーザーの行動を追う

heatmapどれだけGoogleアナリティクスを使いこなしても、どうしても解析できないところがあります。それは、画面のどこがクリックされて、多くの注目を集めているかということを解析することです。Googleアナリティクスは、アクセス数やクリックスルーレート、コンバージョンなどの基本指標を知るために利用するのであれば、非常に高い機能を有しています。しかしながら、ユーザーの行動を知るうえで限界があることも事実です。そんなときに役立つのがヒートマップです。今回は、ヒートマップの知識についてご紹介します。

ヒートマップとは?

ウェブサイトの訪問者のマウスの動きや目の動き、サイトの熟読時間に関する情報を可視化したものをヒートマップといいます。Googleアナリティクスのような折れ線グラフデータではなく、サーモグラフィーのようなグラデーションを利用することで、ユーザーが興味を持つ場所を赤く表示してくれます。アクセス解析ツールでは、画面上の行動を追うことはできませんが、ヒートマップなら注目の集まる場所にグラデーションが表示されるため、ユーザーが頻繁にどこをクリックするのかが分かるようになります。

ヒートマップには2つの種類がある

一般的にヒートマップには、ヒートマップツールとアイトラッキングと呼ばれる2種類の仕組みがあります。それぞれに大きな特徴があり、得意とすることが異なります、

・ヒートマップツール

ヒートマップツールは、ウェブサイトにタグを挿入してマウスやクリックの動きを追跡することを得意としています。非常に低コストで導入できて定量的なデータを抽出できるため、様々な場所で有効利用されています。しかしながら、ユーザー目線ではなく、マウスの動きが調査対象となるため、ユーザー視点と合致しているとはいいづらいでしょう。

・アイトラッキング

アイトラッキングとは、視線を追跡する機器を用いることで、実際の視線や滞在時間を追うことを意味します。これにより、ユーザーの目線の動きが明確になり、どこに着目しているのかが明確に分かります。アイトラッキングは、ユーザーの目線の動きが追跡できるため、よりユーザー心理に近い結果を抽出できるのですが、調査コストが高く、定量的なデータを導き出すことができないなどのデメリットがあります。

無料で使えるヒートマップ

それでは、無料で利用可能なヒートマップをご紹介します。多額の費用をかけなくても無料で導入可能のところが多々ありますので、機能性が高ければ本格的に導入していきましょう。

User Heat
User Heatは、月間30万PVまでは無料で利用することができます。Googleアナリティクスやサーチコンソールとの連携、テキストマイニングなど、ウェブサイト解析で便利な機能が数多く搭載されています。仮に、月間30万PVを突破したとしても自動的に課金されることはなく、計測がストップされるだけなので、使い方に関して調査してから本格的な導入が可能です。

MIERUCA
コンテンツマーケティングでもおなじみのMIERUCAですが、ヒートマップツール機能があることをご存知でしょうか?スクロール解析機能やクリックヒートマップ機能、アテンションヒートマップ機能など、解析に必要な機能が十分に揃っています。月間で1万PVまでは無料トライアルとして利用可能です。また、データの閲覧可能期間は30日に限定されてしまいます。本格的に有料プランに移行すれば90日間の閲覧が可能です。

BOOSTEC
ネットショップを運営しているのなら、その分野に特化したヒートマップツールを導入しましょう。BOOSTECは、ABテストやヒートマップ、メール分析に至るまで、たった1つのツールで分析から改善まで行うことができます。ツールのコンバージョンタグは、ネットショップのカートと連携しており、コンバージョン件数以外にもどのタイミングでどの商品がどれだけ売れたのかを詳細に知ることができます。注文番号の内容までチェックが可能なため、コンバージョンのかぶりの除外など、広告効果の精査もできます。

UXCam
企業によっては、スマートフォンアプリを調査したいという方もいるでしょう。UXCamを利用すれば、スマートフォンアプリ内でヒートマップ機能が利用できます。ユーザーの全ての行動を把握した上で、解析改善をしていくことができるため、まずは無料版で利用して使用感を調査してみましょう。

最後に

ヒートマップを有効に利用すれば、訪問ユーザーの行動を可視化できると同時に、サイト上で発生している問題点を発見しやすくなります。Googleアナリティクスの数字では気づくことができなかったコンバージョンまでの問題点が見つけやすく、訪問ユーザーがどこに興味を持つのかが可視化されるため解析改善の手段として非常に有効です。Googleアナリティクスなどのアクセス解析とヒートマップを併用すれば、お互いに足りない部分を補いながら、効果を高めあうことができるので、無料版から導入してみてはどうでしょうか。

PAGETOP