MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. 採用活動の強化に「採用サイト」を活用しよう

サイト職人スタッフブログ

採用活動の強化に「採用サイト」を活用しよう

20180903現在、「コーポレートサイト」とは別に、採用情報だけを掲載した「採用サイト」を運用する企業が増えています。なぜそのような運用方針が流行っているのかというと、従来よりも多くの応募者を獲得できるからです。

今回は、採用活動強化のための、採用サイト制作におけるポイントについてご紹介します。

 

そもそも、採用サイトとは?

新卒採用や中途採用など、人材の募集を主な目的としたホームページを採用サイトといいます。しかし、なぜ、コーポレートサイトとは別に採用サイトを制作するのでしょうか?それは、ホームページに訪れるユーザーの目的や意図が「コーポレートサイト」と「採用サイト」で異なるからです。

こうしてホームページを別建てにすることで、ターゲットを求職者だけに絞り、伝えたいメッセージをより強く伝えることができるため、ユーザーに対してストレートに物事が伝わりやすくなります。

 

採用サイトを作る際のポイント

採用サイトにどんなコンテンツを掲載するかということも大切ですが、それ以上にホームページを通して解決すべき課題やコンセプト、情報を決定することも大切です。ここでは、採用サイトを作る際、どのようなことに注意すべきなのかご説明します。

1)採用サイトで解決するべき課題を明確にする

まずは、採用サイトで解決したいことはどんなことなのかということを明確化していきましょう。解決すべき課題がぶれてしまっては、ホームページの方針に一貫性が出ません。たとえば、下記のように決めます。

  • 内定辞退を防ぎたい。
  • そもそもの応募者を増やしたい。
  • 新卒社員を増やしたい。
  • 社員教育の必要ない中途社員を採用したい。
  • 特定のITスキルを持つ、エンジニアを採用したい。

ゴールが明確になれば、おのずとホームページ全体の方針が見えてきます。内容に統一感を持たせるためにも、時間をかけて決めましょう。

2)採用のコンセプトを決めておく

次に、採用のコンセプトを決めます。ホームページで掲げるためだけのものではなく、企業の採用活動を通して一貫したコンセプトにしましょう。そうすることで1)と同様、採用サイトの情報にも一貫性が出て、求職者にとってのイメージも沸きやすくなるからです。

求職者として、共感してほしいことやどんな気持ちで仕事にのぞんでほしいのかといったことを徹底的に考えると採用サイトのコンセプトが完成します。他にも、自社の魅力について意見を出し合うことでコンセプトを見つけることができるため、さまざま角度から多様な立場の人と話し合いの中で検討していきましょう。

3)適切な量の情報を掲載する

アピールしたい企業の情報は、挙げればどんどん出てきます。ところが、あれもこれも知ってほしいという思いで情報を増やしてしまうと求職者にとってはどの情報が重要なのかがかえってわからなくなってしまいます。
求人に対して応募をしてもらうには、適切な量の情報を決めておく必要があります。たとえば、下記のように概要だけでも決めておくと、情報量の全体像について把握しやすくなります。

  • 募集要項
  • 会社独自の制度の紹介
  • 先輩へのインタビュー
  • 入社後のキャリアステップ
  • 会社メッセージ

それぞれの情報に対して、文字量がどの程度必要となるのか明確化しておくと、必要以上に情報を掲載しすぎることを防げます。また、なにも伝わらない・メッセージ性のない採用サイトとなってしまうことを防ぐため、解決したい課題やコンセプトを思い出して情報を整理してください。

4)高解像度の写真を用意する

最近は、写真をダイナミックに使ったデザインのホームページが増えてきました。これは意外と差が付くポイントで、効果の出やすいところでもあります。予算が確保できるのなら、可能な限り高解像度の写真をカメラマンに撮ってもらいましょう。

一番やってはいけないことは、スマートフォンで簡易的に済ませることです。どれだけ時間をかけてコンテンツを掲載しても、写真が暗く見えづらいものなら、相手に良い印象を与えません。

最近は、キレイな写真がインターネット上で販売されています。必要な素材を購入すれば、カメラマンに仕事を依頼しなくても、簡単に素材が手に入ります。

 

まとめ

採用サイトは凝ったデザインや奇抜なものも多く、とても華やかに見えます。しかし、ただ派手にするだけでは目的は達成できません。会社で働く社員自らが採用サイトで解決したい課題や目的を考え、意識することで、はじめて一貫性のある制作物が完成します。
あなたの会社では、採用に関して悩みを抱えていないでしょうか?弊社では、採用サイトの制作を承っており、御社の課題を解決できます。ご興味のある方は是非ご相談ください。

採用サイト制作に関するお問い合わせはこちらから受け付けております。

採用サイトに最低限掲載するべきコンテンツについて詳しく知りたい方は、是非下記の記事も併せてご覧ください。求人にはどんな項目が必要となるのか、わかりやすくご紹介しております。

採用ページに最低限掲載しておきたいコンテンツって?
https://www.site-shokunin.com/blog/other/3474.html

PAGETOP