MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ

サイト職人スタッフブログ

  • 迷惑メール条例に違反しないためのメルマガ発行ルール

    迷惑メール条例に違反しないためのメルマガ発行ルール

    メルマガは無料もしくは低価格で利用できる広告ツールであることから、積極的に取り入れている業者は多くあります。ただし発行にはいくつかルールがありますのでWeb制作、メルマガ執筆に関わる場合は覚えておきましょう。 まず大事なのは、受信者の許可なく広告・宣伝をかねたメールを送ることはできないということです。そのためメルマガ登録、会員登録などの際には必ずチェックボックスなどをつけて、受信者が受け取りを許可…詳しく見る

  • グリッドデザインとは

    グリッドデザインとは

    最近はグリッドデザインをトップページに取り入れたサイトが増えてきています。皆さんもきっと何度か目にしていることでしょう。 グリッドとは、格子(状のもの)、方眼(状のもの)という意味があり、グリッドデザインは垂直・水平方向のガイドラインにあわせて全体をレイアウトしていく手法になります。 方眼紙のような一定のガイドラインではなく、自らの作る自由なグリッドにあわせ、全体のレイアウトを行います。 基本的に…詳しく見る

  • 特殊記号の表記と使い方

    特殊記号の表記と使い方

    ホームページ用の文章を作る際に、文章中に特殊記号を使うこともあるでしょう。 Web制作のときだけではなく、SNSやメールのやり取りなどでもよく使う特殊記号ですが、正しい使い方ができているかどうかあらためて確認してみることも大切です。 まずはその記号が「機種依存文字」ではないということを、確認しておく必要があります。 ホームページで扱う文字としては、誤用や文字化けを防ぐためにも一般的なものを使うのが…詳しく見る

  • 接続詞の使いすぎに注意

    接続詞の使いすぎに注意

    少ない文章量で簡潔的に情報を伝える場合、余計な表現や言葉は省くほうが良いとされています。 前回の記事で、ホームページ上で使う文章では、読みづらくなる遠まわしな表現として指示代名詞の多用について書きました。 同様に、多用することで簡潔さが失われ、読みづらくなる表現に接続詞があります。 接続詞の主なもの だから(それで)、けれども(しかし)、および(また)、さらに、つまり、または(もしくは)、ところで…詳しく見る

  • 指示代名詞の多用に気をつけよう

    131030

    ホームページ上で使う文章では、遠まわしな言い方は読みづらくなるため、避けるほうが良いとされています。 遠まわしになってしまう書き方はいくつかありますが、指示代名詞の多用もそのひとつです。 指示代名詞とは、事柄や場所を意味する名詞の代替語です。 以下で例をあげますので確認してみましょう。 指示代名詞の例 ここ、あれ、あそこ、そこ、それ、これ 指示代名詞を使用した文章例 ■悪い例 ○○商店は若者に人気…詳しく見る

  • 文章をスリム化して読みやすくする方法

    文章をスリム化して読みやすくする方法

    文章はボリュームアップさせて内容を充実させる方法もあれば、スリム化して分かりやすさを強調させる方法もあります。 ホームページで扱う文章の場合は、リズムの良さを求められることが多く、後者が優先されます。 短時間で必要な情報を確実に手に入れたいという考え方が強いためで、他で扱われている文章にくらべ極端に文字量が減ることも珍しくはありません。 このとき減らすのは接続詞や指示代名詞、曖昧な表現など。 名詞…詳しく見る

  • 文字は見た目のメリハリも大事

    文字は見た目のメリハリも大事

    サイト内に使う文章は、テキストをそのままコピー&ペーストしてしまうと、見た目のインパクトに欠け、重要な部分がどこなのかがわかりづらくなります。 全体に目を通すような文章(サイト内で公開する小説、ブログやコラムなど)の場合は改行位置を調整すればテキスト部分はそのままでもそれほど影響はありませんが、一部分の文字だけユーザーに印象付けたい場合は、太字を利用したり色を変えたりするなどしてメリハリをつけると…詳しく見る

  • サイトマップの重要性

    サイトマップの重要性

    ホームページ制作の際にサブ的に必要になるもののひとつとして、サイトマップがあります。サイトマップは書籍でいうところのもくじとも言えるものです。 どのコンテンツがホームページ内のどこに配置されているかをすべて表記しているため、ホームページ内で迷子になったとき、カテゴリーを確認しながらページを探したいときなどに役に立ちます。 どんな業種のホームページにもほぼあると言っていい基本となるページのひとつです…詳しく見る

  • パンくずリストとは

    パンくずリスト

    ホームページ制作にかかわる用語のひとつとして「パンくずリスト」があります。 ホームページと“パンくず”に何の関係があるのかと思ってしまいますね。「パンくずリスト」は閲覧ユーザーには欠かせない要素なのであります。 一部のページを見ていると本文の上などに、「トップ>コンテンツ名>ページ名>・・・」といったようなものを見かけたことがあるはずです(右画像参照)。 これを「パンくずリスト」といい、ユーザーが…詳しく見る

  • 脱Flash

    20130806

    近年、Web制作にかかわる人であれば、絶対に聞き逃せない話題のひとつとして「脱Flash」があります。FlashといえばWebコンテンツを作成するのには欠かせないものでしたが、スマートフォンサイト制作をはじめとして、その常識が変わろうとしています。 これには最近の携帯端末の普及が関係しています。iOS端末であるiPhoneやiPadはFlashが搭載されていません。これに追随するようにAndroi…詳しく見る

PAGETOP