MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ

サイト職人スタッフブログ

  • サイトマップの重要性

    サイトマップの重要性

    ホームページ制作の際にサブ的に必要になるもののひとつとして、サイトマップがあります。サイトマップは書籍でいうところのもくじとも言えるものです。 どのコンテンツがホームページ内のどこに配置されているかをすべて表記しているため、ホームページ内で迷子になったとき、カテゴリーを確認しながらページを探したいときなどに役に立ちます。 どんな業種のホームページにもほぼあると言っていい基本となるページのひとつです…詳しく見る

  • パンくずリストとは

    パンくずリスト

    ホームページ制作にかかわる用語のひとつとして「パンくずリスト」があります。 ホームページと“パンくず”に何の関係があるのかと思ってしまいますね。「パンくずリスト」は閲覧ユーザーには欠かせない要素なのであります。 一部のページを見ていると本文の上などに、「トップ>コンテンツ名>ページ名>・・・」といったようなものを見かけたことがあるはずです(右画像参照)。 これを「パンくずリスト」といい、ユーザーが…詳しく見る

  • 脱Flash

    20130806

    近年、Web制作にかかわる人であれば、絶対に聞き逃せない話題のひとつとして「脱Flash」があります。FlashといえばWebコンテンツを作成するのには欠かせないものでしたが、スマートフォンサイト制作をはじめとして、その常識が変わろうとしています。 これには最近の携帯端末の普及が関係しています。iOS端末であるiPhoneやiPadはFlashが搭載されていません。これに追随するようにAndroi…詳しく見る

  • 免責事項の重要性と書き方

    20130723

    ホームページ上には免責事項を記載しておくことで、クレームを防ぐ効果があります。すべてと言うわけではありませんが、しっかりと記載しておくことでホームページの管理者が負うべき責任が必要以上に増えることはなくなります。 記載する内容は「自社で制作したホームページ上で提供しているコンテンツについて」と、「他のホームページで制作し、自社のホームページ上で紹介しているコンテンツについて」の2点になります。ユー…詳しく見る

  • ら抜き、い抜き表現に注意

    Web制作時に必要になるサイト上の文章は、ふさわしい表現を使うことが求められています。特に間違えやすく気をつけたいのが「ら抜き表現」「い抜き表現」です。 ら抜き、い抜き表現とは、本来なら「ら」か「い」が入っているはずの文章に対して、入らない状態で使用してしまうことです。特に口語で使われるケースが多く、具体的には以下のようなものになります。 例)ら抜き表現 × 見れる、出れる、食べれる、来れる ○ …詳しく見る

  • Q&Aページの書き方

    20130620

    ホームページに欠かせないページのひとつに、Q&Aページがあります。FAQ(Frequently Asked Questions)とも言われており、ユーザーの疑問を解決する役割を担っています。 このページは書き方次第で、ユーザーが快適にサイトを利用できるようになること、またSEO的にも、検索エンジンに情報が充実したホームページであると認識してもらうために、非常に重要なページと言えます。 書く…詳しく見る

  • Webサイトに適した文章の組み立て方

    20130613

    Web制作において、サイト文章はわかりやすさが求められるため、意味を理解しやすい文章の組み立て方が求められています。特に基本でもあり重要でもあるのが、「結論を最初に書く」という方法です。 「起承転結」という書き方は多くの方が知っていることでしょう。これは物語など結論を後々の楽しみにしておきたい場合に有効であり、結論を早く知りたいWeb用の記事やリポート、プレゼンテーションなどでは不向きと考えられて…詳しく見る

  • 専門用語の扱い方

    130605

    Webサイト上に記載する文章は、いろいろな人が目にする機会があるため、閲覧するユーザーを限定しないのであれば専門用語はできるだけ控えるか、用語説明をしながら文章を組み立てていくのが理想といえます。トップページやニュースレターもそれらに気をつけて文章を書けば、新規ユーザーの獲得にもつながります。 例をあげるとすれば、Web制作における専門用語がわかりやすいかもしれません。Webに関連する用語は次々と…詳しく見る

  • 「だ・である」と「です・ます」の使い方

    文章を書く際、一般的な語尾として「だ・である」調と「です・ます」調があります。 どちらかに統一させるのが基本ルールにもなっているので、覚えておくと良いでしょう。 これらの方法はWeb制作以外でもいえることで、語尾が統一されることで文章全体にまとまりがでて、読みやすくなります。これらにはそれぞれメリットやデメリットがあり、サイトの雰囲気や用途に応じて使い分けをするのが一般的です。 メリット デメリッ…詳しく見る

  • サイトにあわせたフォントの選び方

    20130520

    Web上でテキストを扱う場合は、フォント選びに気を使うと、サイトの印象もがらりと変わります。サイトイメージにあわせた、一般的なフォントを扱うのが理想的です。 通常のテキストデータの場合、Webページではゴシックフォントがメーンになります。多少文字サイズが小さくなったとしても認識でき、他サイトとの違和感もないため、スムーズな閲覧が可能です。 画像化させてフォントを扱う場合は、太めのポップ体、細めの明…詳しく見る

PAGETOP