MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. カスタム404ページの必要性

サイト職人スタッフブログ

カスタム404ページの必要性

404 not foundWebサイトを運用していると、特定のページに遷移する予定のURLが全く機能せず、404と抱えたエラーが表示されたという経験があるかと思います。一般的に、404エラーと呼ばれており、何かしらの理由でリクエストしたページが表示できない時にレスポンスの回答として404エラーが表示されます。404という数字は、HTTPステータスコードと呼ばれており、3ケタの数字がシステム内で生じている問題を教えてくれます。今回は、カスタム404ページの必要性についてご説明いたします。

404エラーが発生する理由

なぜ404エラーページが表示されるのか、HTTPステータスコードの意味についてご紹介します。問題を具体的に特定することは難しいですが、下記の理由が考えられますので調べてみてください。

URLの入力が間違っている

どれだけ便利なシステムを利用しても、人が利用する以上、どこかで必ずヒューマンエラーが発生します。自分では、正しくURLが入力できていると思っても、確認してみると全く違う情報が入力されていることがよくあります。異変を感じたら、まずは遷移先のURLを確認してください。

リダイレクト設定が出来ていない

既存のURLを新規のサイトへリダイレクトさせる場合、正しくリダイレクト設定ができていなければ、404エラーが表示されてしまいます。もし、サイト自体に特殊なコードを組み組んだなら、設定方法や記述方法が間違っていないか確認してください。

ページが削除されている

URLをクリックした時、404エラーが表示されるという事は、ページ自体が存在しない可能性があります。必要のない記事を削除するなどの定期メンテナンスを実施すると、知らない間に必要な記事を削除するといった手違いが発生する可能性もありますので、ページ自体の存在を確認してみましょう。

URLに変更があった時

既存のページへのURLが設定できていたとしても、何かしらの手違いによって、URLの末尾が変わってしまうことがあります。遷移先の記事がある場合は、末尾のURLに間違いがないか、確認してみましょう。基本設定を変えることで、URLが変わることもありますので、設定を戻すなど正しく対処していきましょう。

カスタム404ページを用意しよう

訪問者にエラーの存在を知られる前に管理人自らが404エラーに気がつけば良いですが、絶対にエラー箇所が見つけられるといった保証は、どこにもありません。そんな時は、あらゆる問題に備えて、カスタム404ページを用意しましょう。それでは、具体的にカスタム404ページについてご紹介します。

カスタム404ページ作成のメリット

カスタム404ページを制作することは、Googleの検索エンジンのクローラーの通り道を作ることになります。もし、カスタム404ページを用意しなければ、エラーが表示されるだけで、それ以上、ページが遷移できなくなってしまいます。これでは、マイナス評価を与えられてもおかしくありません。カスタム404ページを用意し、トップページに遷移させたり、カテゴリページに遷移させたりすることは、クローラーの巡回を促すことに繋がります。
また、ユーザーの行動を妨げないサイト設計をする上で、非常に大切なページでもあります。どこか1ページでも404エラーの真っ白なページが表示されてしまうと、訪問者から信頼を失ってしまう事につながりかねません。ユーザービリティを上げる、ユーザー体験の向上も期待できますので、必要な施策として事前に対策を講じておきましょう。

どんな情報を載せればよいか

実際に、カスタム404ページを作成する場合、どんな情報を掲載すれば良いのでしょうか?一般的に下記のような情報が掲載される傾向があります。

  • 404エラーである事実
  • 「お探しのページは、見つかりません」というユーザーよりの表現
  • 「カテゴリーまたは、サイトのトップページからお探し下さい。」という次の行動に繋がる情報。
  • トップページへのリンクまたは、サイト内を検索するための検索窓
  • アクセスの多いページの一覧または、関連ページ

など、これらの情報をまとめて表示しておけば、最低限のカスタム404ページを作成できます。ちなみに、カスタム404ページは、既存のサイトのカラーに合わせて表示させてください。カスタム404ページだけ、デザインを変えてしまうと、訪問者は、大きな異変を感じてしまうかもしれません。色々なサイトを参考にすることが、上手なカスタム404ページを作成するコツとなります。

SEOにおいて、どんな影響があるのか

404ページがホームページに存在すること自体は、SEOに悪影響はないと言われています。直接SEOに影響は及ぼしませんが、Googleは404ページの内容によって「低・中・高」の評価を行っています。また、カスタム404ページに他の価値のあるコンテンツへのリンクがあれば、クローラーがページをどんどん回遊します。これは、検索エンジンにサイトを正確に評価させることが期待できます。

最後に

カスタム404ページを設置すれば、何も対策をしなかったころよりも離脱率を下げることができます。ユーザービリティを上げることは、サイトの使いやすさの向上、サイトの評価にも繋がります。弊社では、お客様のサイトを制作するお仕事を受注しております。弊社で制作しているサイトについてもプランなどによって、404ページを作成していないこともあるので、気になる方はぜひ一度ご相談ください。

PAGETOP