MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. 企業ブログを書くときには、キーワードを意識しよう②

サイト職人スタッフブログ

企業ブログを書くときには、キーワードを意識しよう②

キーワード選定

先月は、企業ブログにおけるキーワード選定の重要性についてご説明しました。今回は、キーワードの選定方法をご紹介していきたいと思います。
 

キーワード選定の概要をおさらい

前回の記事でも触れましたが、Googleは検索キーワードに対し、明確な答え(関連性が高い)を用意しているページを上位表示させるようになっています。それを踏まえるとブログを書くときに、以下のことを念頭におく必要があります。
 
・ユーザーは何の情報を求めて検索しているのか把握する。
・検索されたキーワードの答えになる文章を用意する必要がある。
 
それでは、今回のメインテーマとなるキーワードの選び方に移りましょう。
 

自社ホームページの集客キーワードを確認

御社のホームページは、どんなキーワードで集客していますか?もしくは、安定した集客を目指していますか?そのキーワードが企業ブログを書く際にも、テーマ・キーワードの柱になります。
 
今回は、仮にキッチンリフォームの施工会社を想定して考えてみることにします。
集客キーワードは、ずばり【リフォーム キッチン】です。
 

キーワードの月間検索ボリュームを確認

キーワードは、Googleで検索される回数(月間検索ボリューム)が多いものと少ないもの、それぞれあります。キーワード選定の際は、ぜひ月間検索ボリュームを確認するようにしてください。

検索ボリュームが多いキーワードで上位表示できれば、少ないキーワードで上位表示されるよりも、その記事へアクセスするユーザーは増えます。しかし、当然、他社もそのキーワードでの上位表示を狙っていて、競合が多いと考えましょう。
 
検索ボリュームの調査時に、以下の2つのツールがおすすめです。
会社ごとに使いやすいツールを使っていただければ、そちらで問題ありません。
 
・Googleキーワードプランナー
ホームページ更新・WEBのご担当者さまであれば、使っている方もいらっしゃるかもしれません。Googleが正式に提供しており、Gmail、GoogleAdwordsのアカウントがあれば無料で利用できるものです。

今回は、次にご紹介する登録不要なツールを使用して行きたいと思います。
 
・aramakijake
http://aramakijake.jp/keyword/index.php
181119_01
使い方は、とても簡単です。
画面中央の検索ボックスに検索したいキーワードを入力して、チェックボタンをクリックするだけです。
181119_02
このように、対象キーワードのYahoo!とGoogleの月間推定検索数が表示されます。いわゆるSEO対策というのは、Googleで上位表示させるためのものですので、Googleの数値を見るようにしてください。

今回の【キッチン リフォーム】というキーワードでは、1ヶ月に約7,261回検索されるであろうということが検索結果画面から分かります。
 

ユーザーの検索意図から、キーワードを挙げてみる

今度は実際に、【リフォーム キッチン】をGoogleで検索してみましょう。
1ページ目は、この様な検索結果になりました。
181119_03
 
・リフォームのカテゴリトップページ…4ページ
・費用や相場、知識などのコラム系…6ページ
 
この検索結果から、【リフォーム キッチン】というキーワードで検索しているユーザーは以下の情報を求めて検索していると考えられます。
 
・リフォーム会社
・リフォームにかかる費用
・リフォームを失敗しないためのコツや知識
 
このように、検索意図は、検索してみるまでわかりません。キーワードから想像することも大切ですが、検索することでより具体的なことがわかります。
 
ブログ記事の方向性としては、コツや知識、ノウハウなどのキーワードがマッチしそうですね。そこから、以下のようなキーワードで記事を書くことを検討します。
 
◆リフォーム キッチン 費用
記事案:キッチンリフォームの費用はどれくらいかかる?
 
◆キッチンリフォーム コツ
記事案:リフォーム会社が教えます!キッチンリフォームのコツ
 
キーワードをピックアップしたら、同時にタイトルについても考えておきましょう。仮のもので構わないので、インパクトのあるものを素早く沢山挙げられると良いです。シリーズものも良いかもしれません。
 

ツールを使って、キーワードを挙げてみる

先程は、試食販売を検索したときの検索結果を見てキーワードを挙げてみました。
それ以外にも以下のようなツールでキーワードを出してみるのも良いです。
 
・goodkeyword
https://goodkeyword.net/
181119_04
 
検索窓にメインのキーワードを入力してください。検索ボタンを押すと、関連するキーワードが表示されます。この結果から、以下のようなキーワードでも記事が書けそうです。
 
◆リフォーム キッチン マンション
記事案:キッチンリフォームの注意点【マンション編】
 
◆リフォーム キッチン 移動
記事案:キッチンを移動する場合のリフォーム費用!
 
◆リフォーム キッチン増設
記事案:リフォーム会社のプロが教える!キッチンの増設に関するあれこれ
 
このように、ブログ記事に使えそうなキーワードは、すべてメモ帳になどに残しておきます。このとき、このまま記事コンテンツを書き始めてはいけません。なぜなら、本当に検索されているかわからないからです。
 
この場合は、先ほど挙げたGoogleキーワードプランナーや、aramakijake.jpを利用して検索ボリュームをチェックしていきます。
 

goodkeywordで取得したデータの月間検索ボリュームをツールでチェックする

正直、検索ボリュームのあるものから、効率良く記事を書いていきたいという方がほとんどだと思います。

その場合は、goodkeywordの画面右側に、「[表示されたキーワードをすべてコピー ※重複キーワードは削除済]」というすべてのキーワードが入ったボックスありますので、すべてのSEOキーワードをコピーして、各ツールで月間検索ボリュームを確認していきましょう。
 

まとめ

今回は、ブログのキーワード選定方法についてご紹介しました。やり方を覚えれば、効率良くSEOキーワードを見つけられます。goodkeywordやGoogleキーワードプランナーのようなツールは、ぜひ使い方を覚えておきましょう。数的な根拠に基づいたマーケティング展開に役立つはずです。次回は、ブログの記事の書き方を説明したいと思います。

PAGETOP