MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

03-5366-3277

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

06-6123-7260

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. ランディングページ最適化(LPO)でコンバージョンを上げる

サイト職人スタッフブログ

ランディングページ最適化(LPO)でコンバージョンを上げる

ランディングページ最適化(LPO)でコンバージョンを上げる

あなたは、ランディングページを作成する際、ランディングページ最適化(LPO)を意識して作成しているでしょうか。ランディングページ最適化(LPO)を意識すれば、コンバージョン率を上げることができます。その理由について初心者にも分かりやすく解説していきます。

ランディングページとは?

そもそも、ランディングページとは何のことなのでしょうか。インターネットマーケティングを行っている人であれば、自分でランディングページを作成している人もいると思います。しかしながら、上手く作成できているでしょうか。ランディングページとは、ホームページを利用して説明すれば、最初の入り口ページのことを表しています。

しかし、このランディングページですが、コンバージョンを意識しながら作成しなければ、思うような効果を得ることはできません。ここで利用するコンバージョンは、運用しているホームページの運用目的によって変化します。

例えば、ホームページの運用目的がお問い合わせを増やすことなのであれば、コンバージョンは、お問い合わせを増やすことになります。運用しているホームページで目的となっているお問い合わせが増えなければ、会社の資金を利用してホームページを運営していたとしても、無駄に終わってしまいます。

ホームページから離脱

ホームページに訪れる人は、なぜ離脱してしまうのでしょうか。訪問者は、なんとなくホームページから離脱しているわけではありません。離脱してしまう理由があって、ホームページを離れているのです。

例えば、自分が知りたいと思っている情報を閲覧することができない場合や文章の構成が考えられておらず、読みづらい文体となっていた場合など、これらに該当することがあれば、お客様は離脱することが考えられます。ホームページからの離脱を防ぎたいのであれば、訪問者が読みやすいように対策を行っていかなければなりません。

LPO(ランディングページ最適化)とは?

ホームページからの離脱を防ぐための対策方法として、LPO(ランディングページ最適化)というものがあります。LPO(ランディングページ最適化)とは、訪問者が最初のページ(ランディングページ)に訪問した際に、お客様の興味性を高める構成にしておき、ランディングページからの離脱を防ぐことを表しています。LPO(ランディングページ最適化)をすれば、コンバージョン率が高まり当初の目的であった、お問い合わせを増やすことが可能になるということです。

LPO(ランディングページ最適化)の行い方

ホームページのコンバージョン率を高めるのであれば、LPO(ランディングページ最適化)をしていかなければなりませんが、具体的に何を行えばよいか分からないと思います。LPO(ランディングページ最適化)の行い方について説明しますので、できることから始めてみてはどうでしょうか。

ホームページの構成を整理する

ホームページへの訪問者をコンバージョンにつなげるのであれば、まずは、サイトの基本構成から整理していく必要があります。ホームページは、コンバージョンさせるために準備しているものですので、コンバージョンしないのであれば、どこかサイトの構成に変更が必要な場所があるということです。

例えば、メルマガに登録していただくことをコンバージョンとして運用しているホームページがあったとします。実際に、サイトの構成を見直してみるとメルマガに登録できる場所はあるのですが、発見しづらい場所にあるという場合です。LPO(ランディングページ最適化)を考えるのであれば、ホームページの上部に大きく分かりやすくメルマガの登録へ促す構成に変更するということです。そうすれば、コンバージョンは、以前よりも高くなる可能性があります。

全体的なアクセスを考慮する

LPO(ランディングページ最適化)とは、サイトの構成を見直したりすることだと理解していると思います。しかし、ホームページの全体的なアクセスを改善することでコンバージョンが上がるのであれば、ホームページのキーワード選定も見直すべきでしょう。

自社のホームページにどのようなキーワードでお客様が訪れて、どんなコンテンツを読んでいるのか知っておくことは大切なことです。ホームページの運用で最も大切な集客を理解しアクセス解析などを利用してコンバージョンが高まるように管理していきましょう。

最後に

ランディングページ最適化(LPO)について説明しましたが、理解できましたでしょうか。コンテンツマーケティングをホームページで行っている人であれば、興味を持ちながら読み終えたのではないでしょうか。コンバージョン率を上げるのであれば、ホームページの訪問者に向けたコンテンツの方向性の修正やホームページの構成を見直すことも大切なのですがアクセス数を上げる事、つまりSEOも大切です。SEOは結果が出づらいですが、アクセス数を上げたうえでLPOを行う事でより高い効果を得られる可能性がありますよ。

PAGETOP