MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

0120-546-384

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

0120-546-218

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. インターネット回線の仕組み~プロバイダって何?~

サイト職人スタッフブログ

インターネット回線の仕組み~プロバイダって何?~

077f42b7e9f73da3d399af44d03d30fd_s仕事においてもプライベートにおいても、インターネットは私たちの生活の必需品となっていますが、インターネット回線のしくみについて、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

今回は、インターネット回線のしくみについて解説をしながら、インターネットの大本である「プロバイダ」についてもご紹介します。

 

インターネット回線のしくみ

インターネットに接続するためには、ISP(インターネットサーバプロバイダ)というインターネット接続を提供する会社と回線をつなぐ必要があります。

最近は、回線とプロバイダをまとめて販売しているケースが増えているため、それぞれを個別に意識する機会が少なくなっているかもしれません。インターネットを利用する場合は、回線とISPを準備する必要があります。回線とISPは通称、インターネット回線とプロバイダと呼ばれます。

 

インターネット回線とプロバイダの違いとは?

インターネット回線とプロバイダにはそれぞれ役割があります。これらには、どのような違いがあるのでしょうか。

 

インターネット回線

文字通り回線です。インターネット回線とは、情報のやり取りをどういう回線で行うか、どの会社のものを使うかというものです。インターネット回線には、モバイル回線やADSL、光回線などがあります。特に、光回線サービスは、通信の安定性や高速性から注目を集めています。

では、インターネット回線とは、どういったものなのでしょうか。わかりやすい例を提示してみます。例えば、目的地までに行くのに車を使う場合、道路を通ります。インターネット回線はまさに、その道路の役割を担っています。

上記のモバイル回線やADSL、光回線というのは、一般道路や高速道路などの道路の種類だと考えてください。その道の先には、広々としたインターネットの世界へとつながっています。そのインターネットにつながる世界の入口に存在するのがプロバイダです。

 

プロバイダ

プロバイダとは、インターネットに接続する際に、IDやパスワードを発行している会社です。上記の例えでいうと、プロバイダはその目的地に入るための、IDとパスワードを発行する「関所」のような役割を担っています。

プロバイダは、高速道路の料金所をイメージすると、わかりやすいかもしれません。つまり、私たちがインターネットを使いたいと思った時には、通信回線業者とプロバイダの2社と契約する必要があるということです。

通信回線業者の違いによって契約できるプロバイダも異なりますので、契約前には、それぞれの会社の提供するサービスをしっかり吟味しなければいけません。

 

プロバイダ選びのポイント

ここでは、プロバイダを選ぶためにおさえておくべき点を3つのポイントに絞って解説します。

 

① 月額料金で決める

まずは、月額、もしくは年単位でどれくらいのコストになるのかを計算していきましょう。通信速度が速いのは魅力的ですが、その分、コストがあがってしまっては、利用の継続が難しくなってしまいます。

費用の相場としては、1,000円前後であると言われています。インターネット回線とプロバイダの合計契約金額が毎月の使用料となるため、負担のない範囲でプロバイダ選びをしてください。

 

②通信速度で決める

費用的にも問題のないプロバイダをリストアップしたら、通信速度で優れた候補をいくつか見つけていきましょう。光回線にしたら、いつでも快適にインターネットが利用できるわけではありません。

確かに、光回線は、優れていることは事実ですが、プロバイダの性能が悪ければ、通信速度を高めることはできません。あまりにも安すぎるものは、通信が安定しないケースが多いため、あまりおすすめしません。

少し値段が高くなったとしても、通信状態が安定しており、遅延などのトラブルの少ないものを選ぶと良いでしょう。具体的な利用者の声は、TwitterやFacebookなどで確認できます。サービス名を入力すれば、体験者の声が表示されるためチェックしてみてください。

 

② 提供サービス

インターネットを契約する際は、オプションとなる提供サービスにも着目しましょう。サービスを比較してみると、契約者限定のコンテンツが楽しめるケースが多々あります。たとえば、テレビに光回線がつながり、ドラマばかり放送されているチャンネルが視聴できたりする、などです。

契約先のプロバイダによりますが、ゲームやニュース、映画、電子書籍などのコンテンツをオプションとして楽しめるようになるので、今までよりも娯楽性が増すといえるでしょう。

 

まとめ

インターネット回線とプロバイダは、インターネット環境のよしあしの大きな要因となります。ご自宅や職場のインターネット環境が必ずしも快適ではないと感じられているのであれば、あらためてプロバイダ選びをしてみてはいかがでしょうか、お得な移行キャンペーンなども有効に利用できるかもしれません。
利用料金や通信速度に注意しながら、セキュリティ的にも安心できるプロバイダを選ぶようにしましょう。

PAGETOP