MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

03-5366-3277

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

06-6123-7260

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. Googleアナリティクスで最低限確認するべきポイント3つ

サイト職人スタッフブログ

Googleアナリティクスで最低限確認するべきポイント3つ

Googleアナリティクスで最低限確認するべきポイント3つ

何かと便利そうなGoogleアナリティクスですが、機能がたくさんありすぎて、使い方もよく分からず、「一体何をどう利用したらの?」と頭を抱えるWeb担当の方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに、これだけは抑えておきたいGoogleアナリティクスのポイントをご紹介します。

■ここだけは抑えるべし!3つのポイント

Googleアナリティクスで見るべきポイントは

1.ユニークユーザー数とページビュー数
2.検索キーワード
3.表示されたページ

の3つです。

ユニークユーザー数とはサイトを訪問した人数で、ページビュー数はページが表示された数をさします。
例えばAとBの2人がサイトを訪問して、Aさんが2ページ、Bさんが5ページ閲覧したらユニークユーザーは「2」、ページビューは「7」となります。

Googleアナリティクスにログイン後、確認したいURL、プロパティをクリックすると「ユーザーサマリー」が表示され、このページ確認できます。

■コンテンツを見分ける!

次に大事なのが検索キーワードです。
「トラフィック」→「参照元」→「検索」→「オーガニック検索」の順にクリックすれば、検索されたキーワードが表示されます。
「検索キーワード」は、ユーザーのニーズなので、訪問数が多いページのコンテンツを充実させれば、ユーザーの満足度もさらにUPするでしょう。

3つ目が表示されたページです。
ページごとの表示回数を調べるには、「コンテンツ」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」の順にクリックすれば確認できます。

ここでチェックするべき点は、ページの平均滞在時間で、この時間が短いページは魅力がないことを意味します。
これにより、コンテンツを改良が望ましいページが分かってきます。

以上の3つをチェックすることで、いい所はさらによく、悪いところは改善できるというわけなのです。

■Googleアナリティクスで何がしたいのかを明確に!

これらの3つはいわば基本中の基本です。
うまく利用できるようになったら、次のステップへと進みましょう。

気をつけたいのは、Googleアナリティクスで何をしたいのかを明確にすることです。
Googleアナリティクスの機能は多岐に亘りますので、目的によって当然チェックすることは変わってきます。
目的を明確に認識していれば、Googleアナリティクスの機能に振り回されずにすむかもしれません。

PAGETOP