MENU

出張デモ

資料請求
見積依頼

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせ

サイト職人CMSに関する
お問い合わせ・ご相談はこちらまで

東京本社

03-5366-3277

受付時間 平日9:30~18:00

関西オフィス

06-6123-7260

受付時間 平日9:30~18:00

  1. HOME
  2.  > 
  3. サイト職人スタッフブログ
  4.  > 
  5. Googleが掲げる「検索品質評価ガイドライン」におけるYMYLとは?

サイト職人スタッフブログ

Googleが掲げる「検索品質評価ガイドライン」におけるYMYLとは?

Googleが掲げる「検索品質評価ガイドライン」におけるYMYLとは?近年、Googleの検索結果は、YMYLに従って大きく変動しています。なぜ、GoogleはYMYLに大きく焦点を合わせているのでしょうか。それは、ユーザーの暮らしに大きな影響を与える可能性の高い要素だからです。
今回は、Googleが掲げる「検索品質評価ガイドライン」の項目のひとつであるYMYLとは、一体どのようなものなのか、SEO対策のポイントについて解説していきます。

 

そもそも、YMYLとは?

YMYLは、Your Money or Your Lifeの英語の頭文字の略称で、直訳すると「あなたのお金と人生」という意味になります。Googleの検索結果を決める評価基準である「検索品質評価ガイドライン」の評価項目のひとつで、もしユーザーに誤った情報を提供した場合、検索順位を下げられます。

 

なぜなら、お金や人生という要素は、人の健康や生活の質を大きく左右する要素だからです。そのため、コンテンツに信頼性がなければ、YMYLのアルゴリズムによって検索順位が下がる可能性が高いです。

 

該当する業界は?

YMYLは、お金と人生に影響を与える分野であることをお伝えしました。ここでは、YMYLに該当する分野についてご説明します。

 

・お金の取引やショッピングを行うページ

ウェブサービスの決済やインターネットショッピングなどができるページが該当します。特に、自社サービスを販売している方は注意が必要です。

 

・金融に関するページ

投資やクレジットカード、年金、不動産などの金融情報ページが該当します。自社で投資商品の紹介や市場解説などをしている方は、情報の信頼性に対して十分に注意する必要があります。

 

・健康、医療に関するページ

病気や薬、メンタルヘルスなどの医療関係の情報ページが該当します。特に、医学に基づかない医療サイトを運営している人は、注意した方が良いでしょう。

 

・法律に関するページ

離婚や裁判、遺言書、登記書類の作成など、法律に関するページが該当します。弁護士や司法書士など、少なからず法律を取り扱うサイトを運営している方は注意しましょう。

 

・公的情報に関するページ

国の政策や国家対応など、公的情報に関するページが該当します。政治メディアなどを運営している方は、改めて情報の信頼性について見直す必要があるでしょう。

 

・その他

上記に関係ないジャンルであっても、人生に一定の影響を与える分野であれば、YMYLによる影響を受ける可能性は十分にあります。たとえば、債務整理サイトや探偵の紹介サイトなどもその範囲に含まれている可能性が高いです。

 

SEOにはどのように関係している?

コンテンツは、検索品質評価ガイドラインを満たす信頼性が必須となり、それを満たしていないYMYLページは検索順位の低下に繋がる可能性があります。

 

そのため、YMYLはE-A-Tとの関係が深いとも言えます。E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの英語の頭文字から形成された言葉です。

 

E-A-Tの評価基準では、ホームページの専門性や権威性、信頼性が重要視されます。つまり、事実をユーザーに向けてわかりやすく記したコンテンツが求められていると考えられます。その中でも、情報の信頼性に密接に関係しているといってよいでしょう。

 

SEO対策のポイントは?

YMYLページでユーザーに良い影響を与えることができれば、検索上位に掲載される可能性が飛躍的に高まります。では、どのようにSEO対策をしていけば良いのでしょうか。ここでは、そのポイントについてご説明します。

 

・コンテンツの正確さ、信頼性を確認

コンテンツを作成する際は、正確さを確認する作業を組み入れましょう。たとえば、専門資格や専門知識を有する監修者を雇い、添削してもらいます。

 

・誰が書いたのか、を明確に

専門性の高いコンテンツは、インターネットで検索しても表示されません。そのため、誰が書いたのかということが大きく注目されます。誰が書いたのかを明確にするには、下記の施策が有効です。

 

施策一覧

  • コンテンツの最後に、著作者のプロフィールページを作成する
  • 著作者のSNSやブログリンクを掲載する
  • ホームページの情報を充実させる
    個別のコンテンツを充実させることも大切ですが、ホームページ全体のバランスを意識し、信頼性の高い情報サイト作りを行っていくことも非常に大切です。たとえば、決済ページ以外にも、利用規約やお問い合わせページ、拠点情報、返金に関する情報、会社実績などを掲載すれば、信頼性のアップにつながっていきます。
  • ユーザーが欲しい答えを記載する
    YMYL以外でもいえることですが、ユーザーの検索意図に対して正しい答えを記述できているかを確認してください。情報が不足していれば、他のページから探す手間が発生し、ユーザービリティは、確実に低下してしまいます。そのため、ユーザーの疑問に回答するという意識を強く持ち、高く評価されるコンテンツを作っていきましょう。

 

まとめ

YMYLに関わるホームページを運用されている方は、これらの情報やポイントをしっかりと理解し、運用に反映した方が良いでしょう。特に、ユーザーに求められているコンテンツになっているのか、信頼性が高くオリジナリティに溢れているかという点に大きく注目して、Googleから評価されるホームページ作りを行っていきましょう。

PAGETOP