サイト職人CMS HOME > 用語集 > 用語集(H)

用語集(H)

HDML

HDMLとはHandheld Device Markup Languageの略で、携帯電話や腕時計などパソコンと比べて表示機能が弱い携帯端末向けのコンテンツ記述言語を意味します。HTMLと同じように、テキストの中にタグ埋め込んでコンテンツを記述します。ディスプレイが小さい携帯電話機などでも扱いやすいようにHTMLよりも少ないデータ量で情報を表現できるのがHDMLの特徴です。日本ではセルラー電話グループと日本移動通信が1999年4月に始めた「EZweb」が記述言語仕様としてHDMLを採用していました。現在ではHDMLはほとんど利用されておらず、2001年11月からはWAP2.0を搭載し、記述言語はXHTMLなどに変更されています。

このページの先頭へ戻る

HTML

HTMLとはHyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ言語)の略で、Webページを記述するためのマークアップ言語の一つです。テキスト形式の言語でWeb文書の文字列をタグで囲み、その文字列が持っている意味をコンピュータに理解できるようにしたものになります。HTMLで記述された文書を閲覧するには通常Webブラウザを使用します。しかし、HTML文書はテキスト文書の一種であるため、テキストエディタでHTML文書を開き、タグごとテキスト文書として読み書きすることも可能です。HTMLはW3Cが定義しているタグのほかにも、IEのMarqueeなど各ブラウザが独自で定義・対応しているタグも存在します。現在のHTMLのバージョンは4.01となっています。

このページの先頭へ戻る

 出張デモお申込み
社内ご検討用に 資料請求/見積依頼
遠方で出張デモが難しい方へ 14日間 無料試用

アフターサービス

よくあるご質問