サイト職人CMS HOME > 用語集 > 用語集(I)

用語集(I)

IPアドレス

IPアドレスとは、通信機器を判別するための番号を指し、4つの番号をドットで区切って表されます。1つの番号は 0〜255 のいずれかとなり、例えば「192 . 168 . 100 . 23」などがIPアドレスとなります。TCP/IPによるインターネット通信では、ネットワーク上のコンピュータ1台1台を識別するためにIPアドレスが割り当てられます。IPアドレスはMSB(最上位ビット)に近い側がネットワーク部、LSB(最下位ビット)に近い側をホスト部として区別され、ネットワーク部がネットワークを指定し、ホスト部がそのネットワーク内の機器を指定します。2009年現在、IPアドレスとして多く利用されているのはIPv4というプロトコルに基づく32ビットのアドレス空間になります。

このページの先頭へ戻る

IP制限

IP制限とは、WebサイトにおいてIPアドレスで相手を判断し、アクセスを拒否する方法です。CGIによるアクセス制限や.htaccessを用いたアクセス制限が一般的に利用されています。

このページの先頭へ戻る

ISMS

ISMSとは、Information Security Management System=情報セキュリティマネジメントシステムの略で、企業や自治体などの組織が情報セキュリティを管理・運用するための仕組みを意味します。コンピュータシステムのセキュリティ対策だけでなく、情報を扱う際の基本的な方針(セキュリティポリシー)や、それに基づいた具体的な計画、計画の実施・運用、一定期間ごとの方針・計画の見直しまで含めたトータルなリスクマネジメント体系がISMSと呼ばれるようになりました。ISMSをその組織が保持しているかどうかを第三者が認定する制度として「ISMS適合性評価制度」と呼ばれる評価認定制度があります。現在、日本情報処理開発協会(JIPDEC)を中心に2002年より正式運用されています。

このページの先頭へ戻る

ISO

ISOとは、1947年に発足した工業標準の策定を目的とする国際機関で、各国の標準化機関の連合体を指します。「物質及びサービスの国際交換を容易にし、知的、科学的、技術的及び経済的活動分野の協力を助長させるために世界的な標準化及びその関連活動の発展開発を図ること」を目的に設立されました。その参加は各国の代表的標準化機関1つに限られておりますが、日本からは日本工業規格(JIS)の調査、審議を行っているJISCが1952年に加入しています。

このページの先頭へ戻る

ITガバナンス

ITガバナンスとは、企業がや団体がITを導入・活用するに当たり、すべての活動、成果および関係者を適正に統制し、その効果やリスクを測定・評価して理想とするIT活用を実現するメカニズムをその組織の中に確立する体系を意味します。コーポレート・ガバナンス (企業統治) から派生した概念であり、2002年4月に起きたみずほ銀行のシステム統合における障害発生を皮切りに声高に叫ばれるようになりました。日本では通産省(現、経済産業省)によってITガバナンスの重要性が注目され、「企業が競争優位性構築を目的に、IT戦略の策定・実行をコントロールし、あるべき方向へと導く組織能力(組織・体制・管理プロセス)」と定義されました。

このページの先頭へ戻る

ITコーディネータ

ITコーディネータとはITと企業経営両方の知識を持ち、経営者の経営戦略を実現するIT化支援サービスを行う専門家、もしくはその資格名のことを指します。1999年6月、通商産業省(現経済産業省)産業構造審議会情報産業部会 情報化人材対策小委員会の中間報告で提言された「戦略的情報化投資による経済再生を支える人材育成」によって制度化されました。現在、経済産業省の主導によって設立された特定非営利活動法人、「ITコーディネータ協会」による認定試験が実施されています。ITコーディネータの資格を得るためには、ITコーディネータ試験に合格するとともに、同協会で実施するケース研修を受講修了する必要があります。なお、ITコーディネータ資格の取得後も、毎年資格を更新する必要があります。

このページの先頭へ戻る

ITライフサイクルマネジメント

ITライフサイクルマネジメントとは、ビジネスにおけるITの利用に関するすべてのプロセスを管理する手法や取り組みを意味します。現在のIT関連製品は、仕様のプランニング段階からシステムの構築・運用を経て、最終的には処分されると同時に、入れ替わりで新しい製品が採用されています。この一連の製品の流れや変化に適応して、計画→導入→運用→破棄というサイクルを管理していくことをITライフサイクルマネジメントと呼びます。耐久消費財やビジネスで使う固定資産などは、その製品寿命や償却期間において、一連のライフサイクルを管理していましたが、ITにおいては遅れていました。しかし、ITがビジネスの一部となっている昨今では、耐久消費財や固定資産同等と同様にIT製品のライフサイクルをマネジメントしていく傾向が強くなっています。

このページの先頭へ戻る

 出張デモお申込み
社内ご検討用に 資料請求/見積依頼
遠方で出張デモが難しい方へ 14日間 無料試用

アフターサービス

よくあるご質問