カテゴリー別アーカイブ: HTML

W3CがHTML5.2を勧告。変更点は?

HTML

Web技術の標準化を目的に運営されているW3C(World Wide Web Consortium)がHTML5.2を勧告しました。Web製作者にとって、新しい技術の表れであり、ぜひ知っておかなければいけないことです。HTML5.2が登場したことでHTML市場は、今後どのように変化していくのでしょうか?今回は、HTML5.2の変更点について分かりやすくご紹介します。 2017年12月14日にhtml5.2が勧告 HTML 1.0が登場したのは、1993年。それから25年が経過し、新しいHTMLとしてHTML5.2が登場するに至りました。特にHTML5は、…続きを読む

Share |

canonicalの正しい使い方と基礎知識

canonicalの正しい使い方と基礎知識

あなたは、canonical属性タグをご存知でしょうか。HTMLを利用するエンジニアであれば、聞いたことがある情報かもしれません。canonical属性タグを正しく使えるようになると、ホームページを作成した際に、綺麗な構造でサイト設計ができるようになります。今回は、canonical属性タグが、どのような役割を果たしているのか分かりやすく説明していきます。 canonicalとは? そもそも、canonical属性タグという言葉自体を聞いたことがないという方も多いと思います。HTMLを利用する機会がない方であれば、全くご存知ないと思います。canonic…続きを読む

Share |

パンくずリストについて初心者にも分かりやすく解説

サイトマップ

インターネットでWebサイトを運営していると、パンくずリストという言葉を聞くことはないでしょうか?パンくずリストは、あまり一般的な言葉ではないため、知らないという方も多いでしょう。今回は、パンくずリストについて解説していきたいと思います。 パンくずリストの基本的な知識について そもそも、パンくずリストとは、何なのでしょうか?実は、パンくずリストは、童話「ヘンゼルとグレーテル」の主人公が森で迷子にならないようにするために、自分が通ってきた道にパンくずを置いたという出来事から、この名前が付けられています。これを分かりやすく説明すると、Webサイト内で自分がど…続きを読む

Share |

Alt属性を書こう

Altを書こう

マークアップエンジニアやフロントエンドエンジニアの方であれば、alt属性が何を表すのかはご存知だと思います。しかし、HTMLを勉強された経験がないと、「alt属性って、何ですか?」という疑問が出ると思います。今回は、alt属性について、解説していきたいと思います。 alt属性の基礎知識 「オルトぞくせい」と読みます。 このalt属性というのは、ホームページ上に画像を埋め込む際に利用されます。具体的に説明すれば、img要素の中に記述される画像の代替テキストだということです。何のための代替かというと、テキストブラウザや音声読み上げブラウザでは、画像は表示され…続きを読む

Share |

読みやすいフォントサイズを考える

読みやすいフォントサイズを考える

現在、インターネットが様々な場所で利用されるようになり、その場で利用される端末も多種多様です。毎日パソコンからインターネットを利用する人もいれば、スマートフォンから利用する人、大きめのタブレット端末からインターネットを利用する人もいます。そのため、今では多種多様な端末に応じた文字サイズというものを考える必要が出てきます。今回は、Webサイトで読みやすいフォントサイズについて解説していきたいと思います。 フォントサイズに正解は存在する? ターゲットであるユーザーの年代や、ホームページの質やコンテンツの量を考慮すれば必ずしもこのサイズが正解というものはありま…続きを読む

Share |

HTML5.1の新仕様について

code-1785541_640

ホームページ制作に関わる方であればHTML5.1が2016/11/1付けで正式勧告された事はご存知でしょう。しかしHTML5.1が導入されたとして、何がどのように変化するのか、具体的に知らない方も多いのではないかと思います。今回は、HTML5.1について、特によく使うであろう項目について解説していきたいと思います。 <menu>タグと<menuitems>タグでコンテクストメニューが実装可能 まず、<menu>タグについて解説していきます。<menu>タグには、contextとtoolbarと呼ばれる要素が…続きを読む

Share |

【基礎知識】重複コンテンツに気を付けよう!

template-1599665_640

ホームページを運営されている方でしたら、重複コンテンツなどを気にされながら運営を行っているでしょうか?人によっては、今日初めて重複コンテンツという言葉を知ったという人もいるでしょう。今回は、重複コンテンツという言葉の意味から対処法まで解説していきたいと思います。 重複コンテンツとは? まず、重複コンテンツという意味を説明していきたいと思います。重複コンテンツとは、ページのURLが異なるのですが、内容のほとんどが同じ内容であり、使われているキーワードも非常に似ているサイトページをそのように呼んでいます。インターネットの世界では、重複コンテンツと呼ばれるもの…続きを読む

Share |

descriptionタグって何?

descriptionタグって何?

あなたは、ホームページを作成する際、descriptionタグを入れているでしょうか。特に記述していないという人は、SEO効果がないと思っている人でしょう。また、descriptionと言われて、何のことか全く分からないという人もいるでしょう。今回は、descriptionタグについて分かりやすく説明していきたいと思います。 descriptionタグってなに? descriptionタグについて基礎から理解するのであれば、「meta descriptionタグ」がどのようなものか理解していただく必要があります。meta descriptionタグという…続きを読む

Share |

追従型メニューのメリット・デメリット

追従型メニューのメリット・デメリット

みなさんは追従型メニューという言葉はご存知でしょうか? 追従型メニューというのは、ホームページ画面上の定位置にメニューを固定表示させることを言います。通常のメニューの場合、画面をスクロールするとメニューは見えなくなってしまいますが、追従型メニューの場合には、画面スクロールさせても表示されたままになります。別名「固定メニュー」「固定表示メニュー」と言ったりもします。 例えば、この当社ホームページ(http://www.weblab.co.jp/)では、以下のように、画面上部のロゴから「お問い合わせ」ボタンまでがページのどの位置にいても常に表示されています。…続きを読む

Share |

レスポンシブ・ウェブ・デザインのメリット・デメリット

140205

レスポンシブ・ウェブ・デザインとは、パソコンや、タブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスの画面サイズに最も適したホームページを、ワンソースのHTMLで対応する制作手法です。 詳しくは、当社ウェブラボのホームページ↓をご参照ください。 http://www.weblab.co.jp/service/smartphone.html スマートフォンやタブレットの急速な普及に伴い、導入が進んでいます。 ■レスポンシブ・ウェブ・デザインのメリット 複数のデバイスごとに別々のサイトを準備する用意することなく、マルチスクリーンに対応したWebサイトを制作するこ…続きを読む

Share |
123