カテゴリー別アーカイブ: その他

文章の質が上がる「SDS法」と「PREP法」

7484ac2bb15b3f88cfa330ab28bcbe6b_s

ホームページの文章構成を考える際、なかなか上手く書けないという経験をしたことはありませんか?社内でコンテンツマーケティングを担当していて記事作成を経験しているという方、SDS法とPREP法を利用することで文章の質を上げることができるのです。 SDS法とPREP法はプレゼンなどでも使用される文章構成の型(テンプレート)で、知っておくと非常に役立ちます。今回は、SDS法とPREP法が一体どのようなものなのかについて解説していきます。   SDS法とは? SDS法は、Summary・Details・Summaryの英語の頭文字をとって作られています。…続きを読む

Share |

「売れる」コピーを書くために学ぶべき消費者心理

消費者心理

自社の商品やサービスを販売するには、消費者心理を理解し、「売れる」コピーを書かなければいけません。もしかして、下記のようなことで悩んでいませんか? 商品の魅力を伝えるコピーがなかなか書けない・・・。 売れるセールスレターが作れない・・・。 ホームページに使う文章を用意しなければいけない・・・。 このブログを読んでいる方の中には、上記のようなシチュエーションに遭遇することが多い方もいらっしゃるかと思います。そんな時に役に立つのが「消費者心理」の勉強です。 消費者心理とは、消費者が商品やサービスの購入を検討する際に、直接的あるいは間接的に決定に影響を及ぼすよ…続きを読む

Share |

Google Chromeが誕生10周年!変更点を解説します

google10th

Googleが、誕生10周年に伴い、Webブラウザ「Chrome」をバージョン69にアップデートしました。Googleユーザーなら、いつもより便利になったブラウザにすぐに気がついたことでしょう。 今回のGoogle Chromeのアップデートは、単にデザインが変わっただけではありません。オムニボックスを始め、Chromeを特徴づける各種のパーツが改善されています。 今回は、Chrome バージョン69の変更点について解説していきます。   Chromeバージョン69の変更点1:デザイン 新Chromeのユーザー・インターフェイスは、デスクトップ…続きを読む

Share |

データで見る常時SSL化の実情

ssl

常時SSL化の動きが顕著化されてからしばらくたちますが、みなさんのホームページではいかがでしょうか? コンテンツを表示しているだけだから、SSL化しなくても良いとお考えではないでしょうか。 現在、ホームページに常時SSL化を導入していない状況なら要注意です。今回は、常時SSL化の導入状況をデータで確認し、その実情についてご紹介します。   常時SSL化対応サイトの数 近年Googleは、「常時SSL化に対応してください。」という呼びかけを公式サイトでおこなっています。その呼びかけに対して、実際にはどのくらいのサイトが対応しているのでしょうか?実…続きを読む

Share |

noindexを上手に活用しよう!

noindex

どんな企業もホームページの価値を高めて、検索エンジンからの集客を実現したいと思っています。その際、SEO関連の話でよく登場するのが「noindex」です。noindexは、metaタグのひとつです。   noindexを上手に活用することで、ホームページの質が向上し、Googleなどの検索エンジンからの評価を上げることができます。そのため、重要なSEO対策として、多くの企業が採用しています。今回は、noindexの使用理由や使い方について詳しく確認していきます。     noindexとは noindexとは、Googleな…続きを読む

Share |

Instagram「ストーリーズ」広告出稿方法まとめ

SNSの中でも、中高生や大学生などの若年層から圧倒的な支持を集めるInstagramには、ストーリーズ広告というサービスがあります。 通常のフィード広告とは異なる特徴を持っており、独自の効果が期待できるため、広告運用を担当するマーケティング担当者の間で非常に注目されています。 今回は、Instagramのストーリーズ広告の出稿方法についてご紹介します。   ストーリーズ広告とは Instagramの、フィードとは異なる投稿機能に表示される広告のことを、ストーリーズ広告といいます。ストーリーズ広告は、広告と認識されづらく、「ストーリーズ」を眺める…続きを読む

Share |

採用活動の強化に「採用サイト」を活用しよう

20180903

現在、「コーポレートサイト」とは別に、採用情報だけを掲載した「採用サイト」を運用する企業が増えています。なぜそのような運用方針が流行っているのかというと、従来よりも多くの応募者を獲得できるからです。 今回は、採用活動強化のための、採用サイト制作におけるポイントについてご紹介します。   そもそも、採用サイトとは? 新卒採用や中途採用など、人材の募集を主な目的としたホームページを採用サイトといいます。しかし、なぜ、コーポレートサイトとは別に採用サイトを制作するのでしょうか?それは、ホームページに訪れるユーザーの目的や意図が「コーポレートサイト」と…続きを読む

Share |

ホームページで使用する画像(写真)の重要性

ホームページには、当たり前のように画像や動画が使われていますが、それらの重要性を気にかけたことはありますか?「画像や動画なんて、あってもなくても同じじゃないの?」と思っているのなら、本来獲得できていた訪問者をこれからも失い続けるかもしれません。 画像を使用すれば、訪問者の動きが変わります。今までよりもより良いホームページを目指すためにも、画像(写真)の重要性について考えていきましょう。     画像や写真にはどんな役割がある? ホームページに掲載する画像や写真を素材サイトからダウンロードし、使用するには、それなりに手間がかかります。ど…続きを読む

Share |

ホームページを良い状態で保つための最低限の運用と保守

皆さん、自社のホームページの運用と保守についてはどのようにお考えでしょうか? 先日公開した記事でもお伝えしたことですが、ホームページは、公開して完成ではありません。ホームページを立ち上げた目的は様々あるとは思いますが、公開した後からが非常に重要な運用期間の始まりです。 「運用」は「公開」と違って、目に見える大きな変化が無いため、どのように行っていくかが見落とされがちです。社内でルールを決定し、具体的な取り決めをしていないと、大きなトラブルに発展してしまうかもしれません。 今回は、ホームページ公開後の最低限の運用・保守について大きく6つに分けてご紹介します…続きを読む

Share |

作って終わりのホームページになっていませんか?

ホームページを開設する理由は、企業によって多種多様です。代表的なものをいくつかピックアップすれば、下記のようなものがあるといえるでしょう。 集客したい。 お問い合わせを増やしたい。 商品を購入してほしい。 資料請求してほしい。 会社の証明として作りたい。 このような明確な目的な目標を掲げ、時間をかけて作成したホームページですが、作って終わりにしていませんか?もし、作っただけで満足しているのであれば、非常にもったいないです。もしかすると、競合他社は、ホームページから成果を出しているかもしれません!今回は、ホームページの更新について見ていきましょう。 &nb…続きを読む

Share |