作成者別アーカイブ: Ozawa

企業がSNSを集客・販促ツールとして使い分けるコツ

TwitterやInstagramなど、今やすっかり生活の中に浸透しているSNS。 多くの企業が様々なSNSを活用しており、それらを利用したマーケティングは、広告などと並び無視することのできない重要な手段となっています。 しかしSNSを上手く活用している企業もあれば、そうでない企業もあります。 例えば、新商品やイベントなど、1つの更新情報を各SNSに連携させ、同じ情報を表示させるだけで終わっていませんか? そんな使い方はモッタイナイ!それぞれのSNSを使い分けてみましょう。 それにはSNSの特徴を知ることから始めます。 今回は、「3大SNS」であるFac…続きを読む

Share |

初心者向け「APIって何?」基礎中の基礎

img_api

「API(エー・ピー・アイ)」って何かご存知ですか? 普段ホームページを運用している分には、おそらくあまり出会うことがない言葉です。しかしホームページ制作の現場、特にシステム構築や、プログラミングに関わるプロジェクトに携わる場合、このAPIという言葉をよく耳にすることがあります。 このAPIは、最近のアプリ開発やホームページ構築で重要な役割を果たしていますので、どのような意味を持つ言葉なのか、知っておくとよいでしょう。 APIって何? ではまず用語について理解しましょう。 APIはApplication Programming Interface(アプリ…続きを読む

Share |

採用ページに最低限掲載しておきたいコンテンツって?

recruitment

企業にとって採用活動は、会社の未来が掛かる重要な仕事。 でも最近ではなかなか人が集まらなくて困っている、と言う方も多いのではないでしょうか。 「新しい人を採用したい」と考えたとき、まずは「マイナビ」や「リクナビ」などの採用メディアを思い浮かべると思います。最近ではテレビCMを頻繁に流している「Indeed」も有名ですね。 採用メディアをどう使う? 現在、多くの求職者はこうした転職サイトや人材系サイトに登録をしています。製造系、営業系、販売系、ウェブ系、エンジニア系など様々な職種があるなかで、こうした採用メディアは採用側の企業、求職者との間をつなぐ役割を果…続きを読む

Share |

最近よく聞くオムニチャネルってなに?

omni-channel

近年、オムニチャネルと呼ばれる基本用語を頻繁に耳にするようになりました。また、似たような用語として、マルチチャネルやクロスチャネルといったものも存在します。あなたは、それぞれの具体的な意味について正しく理解しているでしょうか?今回は、オムニチャネルをメインテーマに置きながら、それぞれの違いを分かりやすく解説します。 オムニチャネルとは? ユーザーと企業の接点となるチャネルを連携させることで、ユーザーとアプローチするための直接的な機会を増やすことをオムニチャネルといいます。例えば、エアコンを買うために、量販店に行ったとします。しかし、そのお店には、欲しかっ…続きを読む

Share |

QRコードからWEBサイトにアクセスしてもらおう

QR

あなたは、ダイレクトメールを各家庭に送付するとき、手軽にアクセスできるようにQRコードを設置しているでしょうか?「URLを設置しているから大丈夫。」と安堵しているのなら、多くのユーザーを取りこぼしている可能性が高いです。今回は、QRコードとはどんなものなのか、どのサービスを利用すればQRコードを生成できるのかご紹介します。 QRコードとは? そもそも、QRコードとは、株式会社デンソーウェーブが開発した四角い形をしたバーコードを指す用語です。バーコードに対応するデバイスを利用してQRコード読み込むと、コードからデータを読み取って対象WEBサイトへと誘導する…続きを読む

Share |

ヒートマップでページ上のユーザーの行動を追う

heatmap

どれだけGoogleアナリティクスを使いこなしても、どうしても解析できないところがあります。それは、画面のどこがクリックされて、多くの注目を集めているかということを解析することです。Googleアナリティクスは、アクセス数やクリックスルーレート、コンバージョンなどの基本指標を知るために利用するのであれば、非常に高い機能を有しています。しかしながら、ユーザーの行動を知るうえで限界があることも事実です。そんなときに役立つのがヒートマップです。今回は、ヒートマップの知識についてご紹介します。 ヒートマップとは? ウェブサイトの訪問者のマウスの動きや目の動き、サ…続きを読む

Share |

無料で使える厳選!9つのアイコン素材集

icon-300x200

ホームページ制作に欠かせない要素「アイコン」。 アイコンとは、「物事を簡単な絵柄で記号化して表現するもの」と定義されています。 ホームページにアイコンを使うことで、 デザイン面のクオリティが上がる 文章だけでは伝わりづらい要素もアイコンが伝えてくれる ユーザーが機能やページの内容を直感的に認識できる といったメリットがあり、結果としてユーザビリティ向上にもつながります。 文字ですべて表現するとどうしても冗長になり、ごちゃごちゃしてしまいます。そうなるとデザイン的にはキレイではなくなり、スマートさが失われていきます。 アイコンで表現できるものは表現していく…続きを読む

Share |

マジカルナンバー7±2をホームページに活用

magical_number

突然ですが、みなさん、マジカルナンバー7(±2)ってご存知ですか? なんじゃそら。新しいトランプのゲームか?と思った方もいるかもしれませんね。 「マジカルナンバー7±2」とは、アメリカの心理学者ジョージ・ミラーが書いた論文のタイトルです。趣旨は、日常生活の中で、人が短期間で認識できるのは7個(個人差により±2)程度だということ。今回はその事例と、ホームページへの活用例をご紹介します。 たとえばお買いもの 中学生のAくんはお母さんに買い物を頼まれました。 大根、はくさい、にんじん、じゃがいも、小松菜、ほうれんそう、ねぎ、ニラ、チンゲンサイ、ピーマンに、あと…続きを読む

Share |

顔認証システムの発達がマーケティング与える影響

8f198507321bdf74e2f9d7b06715dde4_s

現在、顔認証システムがマーケティングに利用できることから大きな注目が集まっていることをご存知でしょうか?最新のスマートフォンの認証機能の1つに目の虹彩を利用した虹彩認識システムがありますが、それらの認証システムがマーケティングに利用できる未来が到来しています。今回は、顔認証機能とは、どんな機能なのか具体的に解説していきます。 顔認証機能の概要を紹介 顔認識システム(かおにんしきシステム)とは、人を自動的に識別できるシステムのことで、監視カメラのデジタル画像から顔と思われる部分を検知し、画像を抜き出した後に、自社内のデータベースと比較することで人を個別に識…続きを読む

Share |

データのバックアップとっていますか?

7f78db7ade87234cbd216c08e397_s

パソコンを利用する際、データのバックアップは、しっかりととれていますか?もし、ローカル環境でファイルを保存したまま、何も対策を講じていないというのなら、これからは、バックアップデータを取得して、データを安全に守りましょう。 今回は、自宅や企業で知っておくと得するバックアップの知識についてご紹介します。 データのバックアップをする必要 日常生活でも仕事でも、私たちは、頻繁にパソコンを利用しており、もはや生活の一部になっていると言っても過言ではないでしょう。コンピュータやネットワークシステムは非常に身近な存在で、これらの環境がなければ、快適な生活が成り立ちま…続きを読む

Share |