指示代名詞の多用に気をつけよう

131030

ホームページ上で使う文章では、遠まわしな言い方は読みづらくなるため、避けるほうが良いとされています。 遠まわしになってしまう書き方はいくつかありますが、指示代名詞の多用もそのひとつです。 指示代名詞とは、事柄や場所を意味する名詞の代替語です。 以下で例をあげますので確認してみましょう。 指示代名詞の例 ここ、あれ、あそこ、そこ、それ、これ 指示代名詞を使用した文章例 ■悪い例 ○○商店は若者に人気があります。この店では主に雑貨や家具を扱っています。 ■良い例 ○○商店は若者に人気があります。主に雑貨や家具を扱っています。 指示代名詞がないと文章的にわかり…続きを読む

Share |

文章をスリム化して読みやすくする方法

文章をスリム化して読みやすくする方法

文章はボリュームアップさせて内容を充実させる方法もあれば、スリム化して分かりやすさを強調させる方法もあります。 ホームページで扱う文章の場合は、リズムの良さを求められることが多く、後者が優先されます。 短時間で必要な情報を確実に手に入れたいという考え方が強いためで、他で扱われている文章にくらべ極端に文字量が減ることも珍しくはありません。 このとき減らすのは接続詞や指示代名詞、曖昧な表現など。 名詞や動詞を削っても前後の文章で意味が通じるところもありますから、シンプルさを優先してみましょう。 同じ語尾が連続すると単調にみえてリズムが悪くなるので、全文を音読…続きを読む

Share |

文字は見た目のメリハリも大事

文字は見た目のメリハリも大事

サイト内に使う文章は、テキストをそのままコピー&ペーストしてしまうと、見た目のインパクトに欠け、重要な部分がどこなのかがわかりづらくなります。 全体に目を通すような文章(サイト内で公開する小説、ブログやコラムなど)の場合は改行位置を調整すればテキスト部分はそのままでもそれほど影響はありませんが、一部分の文字だけユーザーに印象付けたい場合は、太字を利用したり色を変えたりするなどしてメリハリをつけるといいでしょう。 長文の文章の場合は、特に重要部分がどこに当たるのか判断しづらくなります。 この場合は小見出しを用いて文章をいくつかに分け、読みやすくしてみましょ…続きを読む

Share |

サイトマップの重要性

サイトマップの重要性

ホームページ制作の際にサブ的に必要になるもののひとつとして、サイトマップがあります。サイトマップは書籍でいうところのもくじとも言えるものです。 どのコンテンツがホームページ内のどこに配置されているかをすべて表記しているため、ホームページ内で迷子になったとき、カテゴリーを確認しながらページを探したいときなどに役に立ちます。 どんな業種のホームページにもほぼあると言っていい基本となるページのひとつです。 ただし通常、ユーザーはナビゲーションバーを利用して希望のページを探しますから、これはあくまでも補足的なものです。 またホームページのページ数が増えすぎると、…続きを読む

Share |

パンくずリストとは

パンくずリスト

ホームページ制作にかかわる用語のひとつとして「パンくずリスト」があります。 ホームページと“パンくず”に何の関係があるのかと思ってしまいますね。「パンくずリスト」は閲覧ユーザーには欠かせない要素なのであります。 一部のページを見ていると本文の上などに、「トップ>コンテンツ名>ページ名>・・・」といったようなものを見かけたことがあるはずです(右画像参照)。 これを「パンくずリスト」といい、ユーザーが今、サイト内のどのページにいるのか示し、自分の足取りをすぐに判断できるようになってます。 なぜ、「パンくずリスト」というかというと、グリム童話に由来しています。…続きを読む

Share |

脱Flash

20130806

近年、Web制作にかかわる人であれば、絶対に聞き逃せない話題のひとつとして「脱Flash」があります。FlashといえばWebコンテンツを作成するのには欠かせないものでしたが、スマートフォンサイト制作をはじめとして、その常識が変わろうとしています。 これには最近の携帯端末の普及が関係しています。iOS端末であるiPhoneやiPadはFlashが搭載されていません。これに追随するようにAndroid版のFlashも開発停止になってしまったのです。つまり、通常、スマートフォンでは、Flashコンテンツが閲覧できないということです。現在、多くのホームページで…続きを読む

Share |

免責事項の重要性と書き方

20130723

ホームページ上には免責事項を記載しておくことで、クレームを防ぐ効果があります。すべてと言うわけではありませんが、しっかりと記載しておくことでホームページの管理者が負うべき責任が必要以上に増えることはなくなります。 記載する内容は「自社で制作したホームページ上で提供しているコンテンツについて」と、「他のホームページで制作し、自社のホームページ上で紹介しているコンテンツについて」の2点になります。ユーザーがすぐ確認できるように、ホームページ内のどこからでも参照できるような位置に記載しておくか、リンクを配置しておくのが一般的です(多くの場合はフッターメニュー)…続きを読む

Share |

ら抜き、い抜き表現に注意

Web制作時に必要になるサイト上の文章は、ふさわしい表現を使うことが求められています。特に間違えやすく気をつけたいのが「ら抜き表現」「い抜き表現」です。 ら抜き、い抜き表現とは、本来なら「ら」か「い」が入っているはずの文章に対して、入らない状態で使用してしまうことです。特に口語で使われるケースが多く、具体的には以下のようなものになります。 例)ら抜き表現 × 見れる、出れる、食べれる、来れる ○ 見られる、出られる、食べられる、来られる 例)い抜き表現 × ~してる、~使ってる ○ ~している、~使っている 口語では定着しつつあるこれらの表現も、文章で使…続きを読む

Share |

Q&Aページの書き方

20130620

ホームページに欠かせないページのひとつに、Q&Aページがあります。FAQ(Frequently Asked Questions)とも言われており、ユーザーの疑問を解決する役割を担っています。 このページは書き方次第で、ユーザーが快適にサイトを利用できるようになること、またSEO的にも、検索エンジンに情報が充実したホームページであると認識してもらうために、非常に重要なページと言えます。 書く内容としては、よくある質問や問い合わせと、それにあわせた具体的な回答になります。サイト上に必要な情報が記載されていない場合は電話やメールで問い合わせて確認する方…続きを読む

Share |

Webサイトに適した文章の組み立て方

20130613

Web制作において、サイト文章はわかりやすさが求められるため、意味を理解しやすい文章の組み立て方が求められています。特に基本でもあり重要でもあるのが、「結論を最初に書く」という方法です。 「起承転結」という書き方は多くの方が知っていることでしょう。これは物語など結論を後々の楽しみにしておきたい場合に有効であり、結論を早く知りたいWeb用の記事やリポート、プレゼンテーションなどでは不向きと考えられています。 結論を最後にもってこようと文章を書いていくと、テーマやタイトルから話がそれてしまい、最終的には別の話題になってしまうことも多くあります。これでは人に読…続きを読む

Share |