専門用語の扱い方

130605

Webサイト上に記載する文章は、いろいろな人が目にする機会があるため、閲覧するユーザーを限定しないのであれば専門用語はできるだけ控えるか、用語説明をしながら文章を組み立てていくのが理想といえます。トップページやニュースレターもそれらに気をつけて文章を書けば、新規ユーザーの獲得にもつながります。 例をあげるとすれば、Web制作における専門用語がわかりやすいかもしれません。Webに関連する用語は次々と新しいものがでてきており、カタカナ、英字、略語、和製英語のものも数多くあります。 これらの用語がある程度理解できないと、Webに関する記事を読んでいても、意味が…続きを読む

Share |

「だ・である」と「です・ます」の使い方

文章を書く際、一般的な語尾として「だ・である」調と「です・ます」調があります。 どちらかに統一させるのが基本ルールにもなっているので、覚えておくと良いでしょう。 これらの方法はWeb制作以外でもいえることで、語尾が統一されることで文章全体にまとまりがでて、読みやすくなります。これらにはそれぞれメリットやデメリットがあり、サイトの雰囲気や用途に応じて使い分けをするのが一般的です。 メリット デメリット 「だ・である」調 文字数を少なく抑えることが可能、説得力のある文章になる 個人的意見が強そうにみえる、冷たい印象を受ける 「です・ます」調 丁寧な表現に見え…続きを読む

Share |

サイトにあわせたフォントの選び方

20130520

Web上でテキストを扱う場合は、フォント選びに気を使うと、サイトの印象もがらりと変わります。サイトイメージにあわせた、一般的なフォントを扱うのが理想的です。 通常のテキストデータの場合、Webページではゴシックフォントがメーンになります。多少文字サイズが小さくなったとしても認識でき、他サイトとの違和感もないため、スムーズな閲覧が可能です。 画像化させてフォントを扱う場合は、太めのポップ体、細めの明朝(みんちょう)体や行書体も扱うことが可能です。 前者はやわらかい印象、後者は固めの印象を与えるため、サイトイメージにあわせたものを使うと効果的です。 しかし画…続きを読む

Share |

文章を視覚的に見やすくする方法

文章をサイト上で扱う場合、なるべく必要のない文字を省くことで視覚的な見やすさがアップします。 おもな方法としては箇条書きや表、図を使っての表現です。 商品の概要を説明する文章の例2 ○○の概要 価格 △△円 サイズ 縦△cm×横△cm×高さ△cm 重量 △△kg カラー展開 1.△△ 2.△△ 商品のPRもかねたセールスレターを含めたいのであれば、箇条書きにしたり、図の前に配置したりするのが有効的です。 これらの方法はWeb制作だけでなく、プレゼンテーションなどにも多く使われます。 文章が視覚的に見やすくなっても、文字だけではイメージが伝わりにくい場合は…続きを読む

Share |

一行におさめる文字数の限界は?

20130430

サイト上に文字を表示させる場合、一行におさめる文字数の限界は、全角で40~45文字程度といわれています。これはウェブサイトにかかわらず、書籍など文章を扱うものほとんどすべてにいえることです。 ブラウザーを使ってサイトを表示させる場合、ほとんどのサイトが一般的な解像度にあわせてレイアウトを行っています。ブラウザーのサイズを手動で変更したとしても、それにあわせて文字の改行位置が調整され、大きく崩れることはありません。 そのため、同じサイトをスマートフォンで表示させても、大きなディスプレーで表示させても、違和感なく閲覧できます。 しかし、ナビゲーションバーや画…続きを読む

Share |
...1020...2425262728